連載

食感がこんなに違う!ヤマザキの食パン8種類を食べ比べてみました

近ごろ「超芳醇」のテレビCMをよく目にする山崎製パン。味もしかりですが、とくに食感が全く異なる食パンが揃っていることも特徴的です。ちょうど「春のパンまつり」も開催中のいま、好みの食感を探しながら食べ比べして白いお皿ももらっちゃう!?

2016年2月12日 更新

ライター : 梶田 香織

バタートースト評論家

喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ歩き歴30年以上。栄養士の資格を取得後、敷島製パン株式会社本社開発部で試作研究開発を担当。現在の本業はナレーター、司会、ラジオパー…もっとみる

ヤマザキの食パンは、食感の違いにご注目!

今年も春が巡ってきました。パン好きのみなさんにとって春といえば?「春のパンまつり」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 この連載では以前、いま一番売れている食パン、PASCOの「超熟シリーズ」の食べ比べについて書きました。今回はヤマザキの食パンをトーストして、バタートースト評論家ならではの視点でリポートします。 山崎製パンとPASCO。私がもつイメージを述べさせていただくなら、PASCOは自社のこだわりの味や製法といった「パンとは何か」を実直に考え貫くタイプ。一方、ヤマザキは振り幅大きく消費者のいろいろな好みをどんどん取り入れる器用タイプ、という感じがします。特に、いろいろな食感が楽しめるラインナップがおもしろいですよ。 今回はバリエーション豊かなヤマザキの食パンを代表する8点をピックアップしました。
▼「超熟」シリーズの食べ比べ記事はこちら

主軸&ベーシックタイプ

①定番の「ロイヤルブレッド」

「ロイヤ~ルブレッド♪」とCMの音楽が頭に浮かぶ、ヤマザキの定番中の定番です。 口に入れた瞬間に味がするというわけでもないけれど、飲みこんだ後にコクと甘さが舌の上に”たたずむ”感じ。この、何かが際立つことのない配合バランスこそが「ロイヤルブレッド」の魅力です。 食感は、買った直後はしっとりしすぎて口の中でクチャつき飲みこみにくいですが、日がたつと口溶けが良くなります。 大量生産の食パンは、スーパーなどに並んだ後、実際に食べられるまでの時間経過も考慮しておいしさを感じさせる工夫がなされていますが、この商品はまさにそれを感じさせます。
トーストにする際は、最初のひと味が強く出るマーガリンなどが合うでしょう。

②ワンランク上の「ロイヤルブレッド ゴールド」

ヤマザキでは、ひとつのブランド内で「ゴールド」と名付けたワンランク上の商品を販売している場合があります。 「ロイヤルブレッド ゴールド」は、普通のロイヤルブレッドよりも香ばしく、甘く良い香りがして、後味のコクや奥行きが強く濃くなります。口どけの良さもうんとアップ。
安っぽい味のマーガリン類を使うと、せっかくのパンの味を台無しにしてしまいます。味を邪魔せず風味を増してくれる無塩バターとの相性が良いでしょう。

③リニューアルしたばかりの「超芳醇」

今年2月1日にリニューアルした、いまイチオシの「超芳醇」。味のタイプはロイヤルブレッドの方向性と同じようで、香りはあまり強くなく、甘みもほんのり感じる程度。これといったクセがありません。 特徴的なのは食感です。あるとき突然粘りがやってくるという、これはなかなかほかの食パンでは感じられないおもしろさです。噛み始めたときはしっとり、そのまま口どけよく溶けていきそうな気配。 ところが途中から、トースト生地が唾液とあいまってか粘りが出はじめ、上あごにまでもくっつきます。ういろうのような水分量の多い食品が好きな方にはピッタリ。
後味があまり感じられないため、おいしい余韻が楽しめるバター、特に無塩バターを塗って食べるのがオススメです。

④キレの良さがきわだつ「特撰 超芳醇」

「超芳醇」のハイグレード版「特撰 超芳醇」。湯種を応用したPASCOの超熟は『超熟製法』で作られているのに対し、こちらは『湯捏製法』という呼び方の技術が用いられています。 発酵の良い香りがします。それも、重い感じではなく軽やか。口どけもロイヤルブレッドなどに比べて格段に良く、口の中で均一に溶けていきます。 もっとも強く感じたこの食パンの特徴は、後味のキレが良いこと。私もいろいろな糖質を比較して後味の違いを研究したことがありますが、その経験からいっても絶妙なバランスで配合されているように感じます。
味の余韻等が強くないため、後々まで味や香りが強く残るバターなどと味わうとバランスが良いです。

食感重視タイプ

⑤とにかくやわらかい「ダブルソフト ゴールド」

ミミまでやわらかい!と一世を風靡した「ダブルソフト」のゴールドタイプです。 ダブルソフトが出たときは今までの食パンとは全く違いすぎて、「これはパンじゃない」と言ったパン専門家の人もいたくらいでした。 その違いとは?
上部に山がふたつ、真ん中で左右きれいに真っぷたつに裂けるこの形も斬新でしたが、なんといっても特徴はやわらかさ! 薄茶色に焼けているのに、ふんわりしっとりやわらかい口当たりで幸せ感いっぱい。いつも食パンの耳を残す人もこの食パンなら耳まで食べられる、というくらいです。 が、しかし。噛んでいると粘りが出て歯や上あごにもくっつく食感。強い独特な味と香り。生地の色の黄色っぽさは、まるで味の濃さが色に出ているかのよう。 好きな人と苦手な人がはっきり分かれるかもしれませんが、このパンが一世を風靡したことは間違いなく、そして追随した各社が既に製造をやめているのに今なお販売されているということは、根強いファンがいるのに間違いありません。
軽くトーストするくらいがサックリふんわり食べられます。普通の食パンよりも2~30秒ほど早く焼けるので、トースト時間設定に要注意。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS