ローディング中

Loading...

連載:あなたの知らないバタートーストの世界

バタートースト評論家・梶田香織の連載第2回。テーマは「あの、食パン史上最も売れていると言われている『超熟』をよりおいしく食べちゃおう!」です。スーパーやコンビニで買える食パンを、よりあなた好みのおいしいトーストに仕上げるコツをお伝えします♩

あなた好みのトーストは?

前回は「バタートーストはステーキと同じ!」なんてお話をさせていただきました。
ステーキで焼き加減が選べたり、ソースの種類を選べたりするのと同じように、おいしいバタートーストのポイントも「いかに自分好みにするか」、ここにあります。

では、質問です。
・山型と角型の食パン。どちらが好きですか?
・厚めが好きですか?それとも薄め?
・その答えはどこのお店の食パンでも変わりませんか?

今回は、PASCOの『超熟』シリーズを例に「山型」と「角型」、そしてもう一つ、健康志向の方に人気の「ライ麦入り」の3種類の食パンを準備し、それぞれ焼き方やおいしく食べるコツをお伝えします。

まずは生で食べてみて!

PASCOの『超熟』シリーズは、食パン史上最大のヒットとなった商品。
実は1998年に誕生したブランドで、17年も前からあるのはご存知でしたか?

「超熟」という名前の秘密

「超熟」という名前には、「超=今までの技術を超えた」「熟=生地を長時間熟成させて作る」という意味が込められています。
実はこの「超熟」というロゴ、青と黒の2色で表現されているんですよ。どことなく和の雰囲気を感じさせるパッケージは、炊きたてごはんのように毎日食べてほしいという思いがコンセプトになっているそうです。

国産小麦ゆめちからのパワーがすごい

超熟の人気の秘訣はごはんのようなモチモチ感です。そのための製法も特別ですが、配合されている国産小麦「ゆめちから」のパワーもすごいんです。

小麦粉は一般にグルテンの量で、薄力粉、中力粉、強力粉に分類されます。グルテンが多いと粘りや弾力が出てモチモチ感もUPするためパン作りには強力粉が使われます。

ところがこの「ゆめちから」はなんと、「超強力粉」に分類されるんです!
どんだけモチモチするんやねん!とツッコミたくなりませんか?(笑)
そんな『超熟』食パンをおいしく食べるため最初にすること……
それは“生で食べてみる”ことです。
お料理前に、肉や魚や野菜などの食材に甘みがあるか、脂がのっているかなどをチェックするのと同じです。チェックの結果しだいで焼き方を微調整しなくてはいけませんものね。

「生でこそ!」の感動を味わってから焼こう

実は「生で食べた方がおいしい食パン」というのも存在します。また生で食べると、「このパン、さすがだな〜」と唸らされることもしばしば。
当然ですが、トーストするとその感動は味わえません。ですから、どんな食パンでも焼く前に一度は生の味を体験してみてください。

角型食パンの場合

ベーシックな『超熟』角型は、舌の上に載せた時のしっとり感がたまりません。生地のきめが細かいため、ふわっとわたのような感じさえします。弾力ある生の生地をサクッと噛みきった後の口溶けもなめらか。ほんのり甘みがあるので、どんどん食べ進めてしまいそうです。

軽めに焼いて、サクッ、ジュワッ!を楽しむ

トーストの魅力はなんといっても「サクッ」とした軽やかさです。
それを味わうには、絶対に焼きすぎないこと!
生地がもっちりしているため、焼きすぎたり時間が経ちすぎたりすると硬くなってしまい、噛むのにあごが疲れておいしさの感激度が急降下します。

バターの量も、生地がしっとりふわっとやわらかな感じなので、口の中でジュワッと感じられるくらい多めに塗ると口あたりや口どけがとても良くなります。万が一冷めてしまってもおいしくいただけますよ。

ライ麦入り食パンの場合

『超熟ライ麦入り』は、パン生地がやわらかいうちなら生で食べるのがもっともおすすめです。
パッと見だと硬そうに見えるライ麦ですが、加熱処理して焚いて蒸しあげたパフライ麦を使用しているため、もっちりしながらプツ、プツ、と噛みきる時の食感が楽しめます。

もっちりとした生地にははちみつの甘さやコクもほんのりと感じられ、生で味わえば味わうほどおいしくてファンになりそうです。

ポイントは、風味がケンカしないバター選び

日にちが経ち、生地にしっとり感がなくなってきたらトーストしていただきましょう。焼くと香ばしさが出ておいしくなります。
ただし気をつけたいのが、「塗る(付ける)もの」のチョイスです。
風味がケンカしないものを選ぶのがおすすめ。
風味の主張が強いバターなどを塗ると、香りがケンカするのか、お互いの風味を消し合ってしまいます。かといって発酵バターのような風味が軽やかなタイプはこのパンの味の濃さに負けてしまいます。

通常の有塩バターのようにコックリしたタイプのバターやマーガリンの方が、逆にパン生地の味の濃さやコクを強く感じられます。

山型食パンの場合

写真を見ると分かるとおり、山型食パンの生地には大きな気泡がたくさんあります。

食感が軽くなるのはこの気泡のおかげ。生で食べた時しか味わえないもっちり食感の中にある歯切れの良い食感は、サックリサックリと、噛むときに音が聞こえてきそうです。

ザクッ!食感を引き立てる焼き方とぬり方

トーストすると、表面ザクッ、中はもっちもちの弾力感、そして山型ならではの歯切れの良さが引き立ちます。少し濃いめに焼き色をつけると、その魅力をいっそう味わえます。
この「ザクッと感」をしっかり味わうには、バターは控えめがおすすめです。
たくさん塗ると、しんなりしすぎてしまいます。
焼きあがったらすぐ、表面に硬いバターを走らせ、熱で溶けたバターだけが表面に残る、といったくらいの塗り方がおすすめです。

生地に甘みがあるので、やはり無塩バターや発酵バターより塩味の強いバターを使って、カツンとインパクトを付けるとより奥深い味わいを楽しめます。

厚みの選び方とポイント

角型、山型では厚さにもバリエーションがあります。

角型の表面サックリ、中はしっとりふわっとした弾力は、4枚スライスを選ぶと存分に楽しむことができます。

山型の5枚スライスは、食感がかなり挑戦的です。「もっと噛め、もっと噛め!」と迫ってくる感じで、食べごたえがあります。焼きすぎるとあごが疲れすぎるのでご用心。

お年寄りやお子さまにおすすめの食べ方

お年寄りの方やお子さまなど、パンは耳が固いし食感がパサパサして好きじゃないとおっしゃる方に、ぜひ試してほしい食べ方があります。
まず角型4枚スライスの耳を落として、軽くトースト。バターなどを塗ったら、さらに食べやすく一口サイズにカットして食べてみてください。
こうするとパンを引きちぎる力も必要なくなり、やわらかさを満喫できますよ。

こんなふうに、その食パンに合わせてちょっと工夫すると、今までと違う美味しさに出会えます。いままで食パン嫌いだった方も、これからトーストが好きになるかもしれませんよ。
おいしいバタートーストと出会うことで、バタートースト好きな人がもっと増えますように。それでは次回もお楽しみに♩

前回の記事はこちら

《あなたの知らないバタートーストの世界》の記事一覧

トースト 食パン

今回は「 “ちょい足し” バタートースト」をご紹介します。基本のバタートーストは大事にしながら、“ちょい足し” すると、あれ?おいしい!とビックリしたりついみん…

バター 食パン トースト

バタートーストはバターの塗り方次第でグンッとおいしくなります!トーストの仕上がりを大いに左右するバターナイフ。色々な種類がありますが、バタートースト評論家いちおしのバターナイフをご紹介。さあ、極上バタートース…

トースト 食パン

パンドミ!この言葉を聞くだけでワクワクしますね。バタートースト評論家の私も、様々な食パンの中でパンドミのトーストが最も好きです。でも「パンドミ」って一体なに?定義は?今回は、知っているようで知らないパンドミに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カクテル

ウイスキーってお洒落でかっこいいけど、強くて飲みにくそう・・・そんなイメージをお持ちではないですか?そこで今回は、美味しく女性にもとっても飲みやすくなるアレンジ方法を、レシピ付きでご紹介します♪ぜひ、ウイスキ…

まとめ レシピ

毎年お正月を過ぎると余らせがちな「お餅」。今回は余ったお餅で作る簡単アレンジレシピを10点ご紹介します。わざわざお餅を買いに行きたくなるようなレシピばかりですよ♩チーズを使うレシピが多いので、一緒に購入すると…

バジル ローズマリー まとめ

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

カレー

カレーにはそれぞれのご家庭で隠し味が入っているものです。中でもおすすめなのが、チョコ!専門店のようなコクのある味になるんですよ。カレーにチョコを入れるタイミングや量、そして隠し味入りのカレーレシピをご紹介して…

ジャム おしゃれ

ローズメイといえば知る人ぞ知る、砂糖を使わないはちみつジャムのブランド。とくに期間限定販売のオレンジスライスジャムは、ローズメイで一番の人気商品で、一度は食べてみたいジャムだそうです。ローズメイとスライスジャ…

バタートースト評論家 梶田香織

バタートースト評論家。喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ...

http://presenjapan.jp/