連載

試してみて!「超熟」シリーズ食パンを究極に美味しくする食べ方

バタートースト評論家・梶田香織の連載第2回。テーマは「あの、食パン史上最も売れていると言われている『超熟』をよりおいしく食べちゃおう!」です。スーパーやコンビニで買える食パンを、よりあなた好みのおいしいトーストに仕上げるコツをお伝えします♩

2016年1月1日 更新

「生でこそ!」の感動を味わってから焼こう

実は「生で食べた方がおいしい食パン」というのも存在します。また生で食べると、「このパン、さすがだな〜」と唸らされることもしばしば。
当然ですが、トーストするとその感動は味わえません。ですから、どんな食パンでも焼く前に一度は生の味を体験してみてください。

角型食パンの場合

ベーシックな『超熟』角型は、舌の上に載せた時のしっとり感がたまりません。生地のきめが細かいため、ふわっとわたのような感じさえします。弾力ある生の生地をサクッと噛みきった後の口溶けもなめらか。ほんのり甘みがあるので、どんどん食べ進めてしまいそうです。

軽めに焼いて、サクッ、ジュワッ!を楽しむ

トーストの魅力はなんといっても「サクッ」とした軽やかさです。
それを味わうには、絶対に焼きすぎないこと!
生地がもっちりしているため、焼きすぎたり時間が経ちすぎたりすると硬くなってしまい、噛むのにあごが疲れておいしさの感激度が急降下します。

バターの量も、生地がしっとりふわっとやわらかな感じなので、口の中でジュワッと感じられるくらい多めに塗ると口あたりや口どけがとても良くなります。万が一冷めてしまってもおいしくいただけますよ。

ライ麦入り食パンの場合

『超熟ライ麦入り』は、パン生地がやわらかいうちなら生で食べるのがもっともおすすめです。
パッと見だと硬そうに見えるライ麦ですが、加熱処理して焚いて蒸しあげたパフライ麦を使用しているため、もっちりしながらプツ、プツ、と噛みきる時の食感が楽しめます。

もっちりとした生地にははちみつの甘さやコクもほんのりと感じられ、生で味わえば味わうほどおいしくてファンになりそうです。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

バタートースト評論家 梶田香織

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう