ローディング中

Loading...

連載:あなたの知らないバタートーストの世界

バタートースト評論家・梶田香織がお届けする連載第1回。バタートースト評論家?何それ?と思った皆さん、バタートーストの世界って実は驚くほど深く、そして広いのです。さあ、あなたも究極のバタートーストを作ってみませんか?レシピもご紹介します。

初めまして、バタートースト評論家です

めくるめくバタートーストの世界……
バタートーストなんてどこで食べても同じ。パン焼いてバター塗るだけでしょ?そんな声が聞こえてきそうです。
いいえ、違います!バタートーストには、それはそれは深く、そして広い世界があるのです!

この連載では、わたしが魅了されてやまないバタートーストの魅力について、そして究極のバタートースト作りを目ざして筆を進めていきたいと思います。
わたくし梶田香織はバタートースト好きが高じて、現在「バタートースト評論家」として活動しております。
喫茶店王国である名古屋で生まれ育ち、小学生時代に伯母が経営する喫茶店で出されたバタートーストがおいしくておいしくて大好きになり、美味しいバタートーストを求めて喫茶店を食べ歩くようになってざっと30年。
製パン会社の開発職を経て、バタートースト評論家としてテレビや雑誌に出演させていただいたり、各地のイベントで美味しいバタートーストの焼き方をお伝えしたりしている毎日です。

バタートーストは、ステーキと同じである

「バタートーストのなにがそんなに面白いの」と思われますか?
おいしいバタートーストは「職人技」の結集。作り方によっておいしさが激変するのです。
バタートースト評論家の私に言わせれば、「バタートーストはステーキと同じ」です!
バタートーストはよく「食パンを焼いてバター(やマーガリン)を塗るだけ」と言われます。それならステーキだって「お肉を焼いて塩こしょう(やソース)をかけるだけ」なのでは?

「いや、ステーキには肉の種類もたくさんあるし、厚みや焼き方だって……!!」
ちょいとお待ちを。バタートーストにだって、食パンの種類は山ほどあるし、人によって好きな厚みもある。それに焼き加減によって味や食感もずいぶん変わってきませんか?

フフフッ。バタートーストにもステーキに勝るとも劣らない、あなたの知らないこだわりどころがあるんですよ!

バタートーストはお店によって全然違う

バタートーストはお店によって、見た目も味もまったく違います。だからお店めぐりが楽しく、また自分の好みにピタリと合うお店に出会えると感激します。
こちらは東京・八重洲地下街の「アロマ 珈琲」さん。
こんなに分厚くて、あんこもジャムも付いていてビックリです!!

【特徴】
・山型食パン、1/2斤くらいの厚さが1枚
・バター類は塗られておらず別添え
・表面に格子状の切込み有り
・価格:450円
こちらは名古屋のチェーン店「コンパル」さんのバタートースト。
ちょっと食べたいという時にとっても助かるサイズとお値段です。 薄めなのにふんわりしっとりなところが魅力的。

【特徴】
・角食パン、6枚切りの厚さが1枚
・表面の切込みは無し
・120円 

名古屋のチェーン「支留比亜(シルビア)」日比野店さんのバタートーストは、運ばれてきたときに「わあ~」と声があがってしまうほどの迫力!ひと口食べるとジュワッとバターがしみ出るジューシーな仕上がりです。

【特徴】
・角食パン、6cm程の厚さが1枚
・切込みの一部が底面まで深く入っており、ちぎりやすく食べやすい。
・350円

ね、この3つだけを例にあげても意外とバリエーションが豊富だと思いませんか?

バタートースト作りの大切なポイント

さて、冒頭で「バタートーストはステーキと同じ」と書きました。厚みや焼き方など、お店や作り手によって本当に様々だからです。

では、おいしいバタートーストを作るためのポイントをご紹介していきます♩

まずはパン選び!

形、味、厚み、食感のお好みは?
私の場合、しっとりもっちり感を味わいたい時は、四角の食パン(角型)の厚切りを。サックリ食べたい時は、山型の薄めを選びます。

焼き方はどうしましょう?

トースターはだいたいご家庭に1台しかないのでさすがに選べませんが、予熱の有無、焼き時間などの特徴は把握しておきたいところです。

切込みを入れる?入れない?

切込みを入れるとバターが中までしみ込みやすくなり、見た目もおいしそうに、オシャレになりますよ。

何を塗りますか?

その食パンに合う、合わないで、完成したときのおいしさがまったく変わってきます。

例えば、少し甘めの塩味の弱いパンには味の濃いバターを合わせるなど。必ずしも、高価なパンに高価なバター、の組合せがおいしいとは限りません。
とにかく相性が重要なのです。

いつ?どれだけ?何回塗りますか?

ただ「塗る」といっても、ここにもポイントがひそんでいます。
重要なのは、トーストしたパン生地が冷めないうちに、とにかく早く、速く塗る!ということです。バタートーストは、トーストしたパン生地とバターが絡み合うからこそおいしさが生まれるからです。

まずはこの方法を試してみて!

バタートーストの味を左右するポイントはこんなにあるのです。せっかくパン屋さんでこだわって選んできたパンでも、いつもの焼き方、いつものバターでは、ひょっとしたらその美味しさをMAXに引き出せていないかもしれません。
どんなパンにどんな厚み、どんな焼き方、どんなバターが合うのか……おいおいご紹介していきたいと思います。
でもとりあえず、今すぐにおいしいバタートーストを食べたい!という方のために、手軽なバタートーストの作り方をご紹介します。
1. フライパンをあたため、バターを溶かします。
バターの量は10gを目安に。焦がさないように注意しながら強火で溶かしてください。
2. 食パンを焼きます。
強火で、表面1分・裏面40〜50秒が目安です。お好みの焼き色に仕上げてくださいね。

コツその1;フライパンを動かして、食パンにまんべんなくバターを吸わせます。裏面を焼くときフライパンにバターが残っていなくてもOKです。

コツその2;焼き色を均一にするため、パンの中央とフライパン面がきちんと接するようフライ返しなどを使ってすこし押さえます。
3. 焼けたら、お好みで再度バターを塗ってできあがり。
そのままでも良いのですが、表面にさらに少量のバターを塗るとツヤが増し、バターのフレッシュな香りをいっそう楽しめます。
いつものトーストとはまったく違う美味しさにきっと驚きますよ!ぜひ試してくださいね。

次回予告

さあ、あなたも幸せ気分になれるおいしいバタートーストを焼けるようになりませんか?美味しいバタートーストの作り方について、次回からもっと詳しくお伝えしていきます!

《あなたの知らないバタートーストの世界》の記事一覧

トースト 食パン

今回は「 “ちょい足し” バタートースト」をご紹介します。基本のバタートーストは大事にしながら、“ちょい足し” すると、あれ?おいしい!とビックリしたりついみん…

バター 食パン トースト

バタートーストはバターの塗り方次第でグンッとおいしくなります!トーストの仕上がりを大いに左右するバターナイフ。色々な種類がありますが、バタートースト評論家いちおしのバターナイフをご紹介。さあ、極上バタートース…

トースト 食パン

パンドミ!この言葉を聞くだけでワクワクしますね。バタートースト評論家の私も、様々な食パンの中でパンドミのトーストが最も好きです。でも「パンドミ」って一体なに?定義は?今回は、知っているようで知らないパンドミに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ パテ

朝食がパン派の人にとっては、マンネリ脱却のチャンスです♪いつもお店に売っているジャムや甘いクリームで飽きていませんか?手作りパテなら、簡単だし甘い物は少ないので、いつもと違ったパンの味がたのしめますよ!

まとめ レシピ

最近「ヒルナンデス」でも取り上げられたり、漫画「花のズボラ飯」がテレビドラマ化されたりと、「ズボラ料理」が何かと話題らしいです。料理する時間も短く、おいしいものが食べられればもう最高ですよね!そんなお手軽料理…

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

パスタ レシピ まとめ

この春はなんと「焼きパスタ」が流行するきざしがあるそうですよ。カップめんでは「焼きすぱ」という商品が新発売されるそうです。フライパンで炒めることで風味がよりUPするのがその魅力なんだとか。今回は焼きパスタのア…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、丸いフライパンで上手においしい卵焼きを作るテクニックをご紹介します。丸いフライパンだと大きさの調整ができるので、実はとっても便利なんです。用途にあわせてお好みの卵焼…

和菓子

お祝いやご挨拶などの贈り物。いつもより気を遣うシーンでは選ぶのも一苦労ですよね。そんな時に贈り物リストに加わっていると心強い、菊廼舎の「冨貴寄」をご存じですか?若い方も、年配の方も思わず歓喜の声をあげてしまう…

バタートースト評論家 梶田香織

バタートースト評論家。喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ...

http://presenjapan.jp/