高知「モンゴモンゴ」は隠れ家だけど、何度も行きたくなるお店。

道がちょっとだけわかりづらい。少しだけ遠い。だけど、一度いったら何度でも行きたくなるお店「モンゴモンゴ」の紹介です。洋菓子とパン、それぞれの担当がいて、それぞれが本当に道を極めているので、どちらを食べてもハズレなしなんですよ。

2017年6月27日 更新

ライター : チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライター チョビ子です。お店で食べたおいしい料理を自宅で再現することにハマっています。 でも、再現しきれていな…もっとみる

洋菓子とパンのお店「モンゴモンゴ」

高知県にある隠れ家的カフェ「モンゴモンゴ」。こちらは、一人がパンを、もう一人が洋菓子を作り、それを販売そしてカフェも営業しているというお店です。 たどり着くまでが長く「本当にこの道であっているのかな?」と不安になる程の場所を進み、お店にたどり着くと、駐車場は一杯で、とても人気のある お店なんだそうです。
「モンゴモンゴ」の外観。まるでベトナムかタイなど、アジアの別荘のような作りです。深緑の外壁に、夏になると植物のつるが絡んで、まさに緑に包まれています。 近くの人は、この緑の建物が気になっていたのではないでしょうか?
「モンゴモンゴ」の店内。やはりちょっとアジアンっぽい感じがします。落ちついた色調の木製の家具と、おしゃれなランプが、入った瞬間、異空間に足を踏み入れたような錯覚に陥らせます。

「モンゴモンゴ」の人気メニュー

「モンゴモンゴ」で人気があるのはチーズケーキ。こちらは「レアチーズとラム入りタルト」です。ちょっと大人な味わいで、苦いコーヒーが飲みたくなりますね。 メニューは、季節によって変わっているようなので、事前にブログを確認していくといいですよ。
こちらは、レモンの酸味が爽やかな「シトロンケーキ」です。甘さ控えめで、酸味爽やかなレモンクリームのタルトです。 少し大きめですが、甘すぎないので一気にペロッといけてしまうそうです。
こちらは、「小夏のタルト」です。タルトの上に、これでもかというほどの小夏が。土佐小夏という品種もあるほど、高知では柑橘類が名産品なんです。 地元のおいしい果物を、おいしい食べ方でいただくなんて贅沢ですよね。

エッグベネディクトもオススメ

営業は11時30分から始まっているので、ちょっと遅めの朝食や、ブランチにピッタリなのが「エッグベネディクト」(¥700)です。小さいように見えますが、しっかりお腹を満たしてくれるんだそうですよ。 自家製のパンと相性抜群の卵とオランデーズソーズ。朝から幸せになれる一品です。

帰りには酵母パンをお土産にどうぞ

おいしいスイーツや食事を楽だ後は、ベーカリーのコーナーで、酵母パンをお土産に買って帰りましょう。 ナッツやフルーツはぎっしり詰まっており、風味も豊かで、少し高くても買う価値のあるパンばかりなんだそうです。 ここのパンにハマって、遠くから何度もやってくる人が多いのだとか。
お店に来て、その場で食べても良し、持ち帰ってもよしの、どこを取っても満点のお店「モンゴモンゴ」。 他にもおいしいスイーツやパンが沢山あるので、ぜひ一度、足を運んでみてください。

店舗情報

住所:高知県香南市野市町父養寺5-4 電話番号:088-756-0250  営業時間:11:30~18:00 定休日:月曜・火曜  参考URL:http://tabelog.com/kochi/A3901/A390106/39003510/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS