インスタで人気の「タークフライパン」でおしゃれなキッチンを♩

今、インスタで話題のフライパン「ターク(Turk)」をご存知ですか?ドイツ製の継ぎ目のないフライパンで、とてもおしゃれだと人気なんですよ。もちろんおしゃれだけでなく機能性もしっかり☆今日は、そのタークのフライパンについてご紹介いたします。

おしゃれなデザインが魅力のフライパンが気になる!

アルバート=カール・タークにより、1857年に設立されたターク社。技術をしっかりと受け継ぐ、他にはないクラシックなデザインのフライパンを製造しています。
通常、フライパンといえば、つなぎ目のあるデザインのものが多いですよね。ですが、鉄の塊を成型して作るターク社のフライパンには、つなぎ目がないのが特徴です。
そのため、お手入れ次第では“使い捨て”ではなく、半永久的に使うこともできるんだとか。熱伝導が良く、じっくりと火を通す料理にも適しています。
購入時には少し無骨で男性っぽいイメージがありますが、使えば使うほどフライパンの持つ良さが出てくるフライパンなんですよ。

2種類のフライパン、あなたの好みはどっち?

ターク社のフライパンは、大きく分けてクラシックフライパンとグリルパンの2種類があります。クラシックフライパンの大きさは直径18cm程のものから36cm程のものまで豊富に揃っており、色々な料理にお使いいただけます。
グリルパンは20cmから28cmまでで、パエリアを作ったり、ローストチキンを作ったり…と、調理だけではなく、そのままテーブルに置いてもおしゃれなんです。
ちなみに、こちらのフライパン&グリルパンはガス火だけではなくIHやオーブンでも使用可能です。ただ、電子レンジだけは不可なので気をつけてくださいね。

タークフライパンを使ったみんなの料理

では、ターク社のフライパンを使ってみなさんがどのような料理を作っているのか、インスタグラムよりご紹介していきますね!
炒め物だけではなく、グラタンだってできるんです。こちらは、カレーミートグラタン。上のとろけたチーズが何ともたまりません。。また唐揚げなどを作る際にも便利です。天ぷら鍋やフライヤーを使うと、どうしても使う油の量が増えてしまいますが、フライパンを使うと美味しいだけではなく経済的でもありますね!
火のまわりが良く、熱を均一に伝えてくれるターク社のフライパンを使えば、餃子も焼きムラなく作れます。鉄製なので冷めにくいため、いつまでも温かいお料理が食べられるのも嬉しいですね。
普通のフライパンで焼くと、意外とムラが出来やすいパンケーキもこの通り。綺麗なきつね色に焼ける上美味しいので、ついつい食べすぎちゃうかもしれませんね!
また、上級者は、タークを器代わりにしてそのまま食べるスタイルを楽しんでいるようです。おしゃれですね。
フレンチトーストにバナナ、生クリーム、ナッツなどを添えて、チョコレートソースをかければ、ほらまるでカフェのスイーツ!
おしゃれなフライパンなので、料理を盛り付けてワンプレート風に盛り付けて食卓に置いても感じが良いですよね。まるでカフェで提供されるご飯のように見えちゃいます。

特集

SPECIAL CONTENTS