ライター : 5コマで食べ方

普段の食事がもっと楽しくなるスマートな食べ方を大調査。「5コマでわかる食べ方のキホン」を写真付き紹介していきます。

ガーリックシュリンプを綺麗に食べたい!

ハワイのB級グルメの定番といえば、ガーリックシュリンプ。エビのプリプリな食感とガツンと効いたガーリックがたまらないですよね。 でもいざ食べるとなると、殻は外すの? 手づかみでいいの? と迷う人も多いはず。 ということで今回は、ハワイの人気ベンダー『ジョバンニーズ』のガーリックシュリンプが食べられる『ハワイアンダイニングALEE BEACH』のイケメン店員、石田さんにロコ直伝の食べ方を教えてもらいました!

1)手づかみで殻ごとパクり!

ガーリックシュリンプのエビは基本的に殻も食べることができます。 店員さんの視線なんて気にせず、ワイルドに手づかみで丸ごとかぶりつきましょう。 むしろ手づかみで食べるのが「ロコ流」らしいです。噛めば噛むほど、口の中にエビのうまみが広がります。

2)殻をむくのも手でOK

やっぱり殻は苦手という人は、むいて食べてももちろんOK。 『ジョバンニーズ』のエビは背中の殻に切れ目が入っているので、そこから足にむかってむくと、簡単に外すことができます。

3)殻なしはソースをディップして

殻なしで食べる場合は、お皿のガーリックソースをディップしてから食べるのがポイント。 プリップリのエビの食感がたまりません!  手が汚れたらおしぼりをこまめに使いましょう。

4)ライスでひと休み

ガーリックシュリンプは、味付けがかなり濃厚。 付け合わせのライスは、口の中がくどくなったときに、箸休め的な感覚で食べるのがおすすめ。もちろんエビと一緒に食べても美味しいです。

5)レモンを搾ってさっぱりと

レモンも最初からかけるのではなく、途中で搾って風味を変えると、飽きずに食べることができます。口の中がさっぱりしますよ!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS