連載

これぞオンナのたしなみ?「焼酎女子」がホンネで語る“焼酎”座談会

焼酎を首都圏で飲み支えているのが焼酎女子。今回は、生活のなかに焼酎が溶けこんだ彼女たちをお迎えし、丸の内のカフェ&バルでグラス片手にその魅力を語ってもらいました。あなたも、ぜひ自分だけの焼酎スタイルを追求してみてくださいね。

飲み手の数だけ飲み方がある。

チュウハイ、サワー。居酒屋に行けば必ず目にするこれらのお酒は、すべて焼酎をベースに作られているもの。鹿児島の芋焼酎、宮崎のそば焼酎、沖縄の泡盛など、主に地方を中心として日本の食文化に深く根ざしたお酒です。

でも、独特な飲み口や味わいから苦手としている女性は多いですよね。実は、種類も豊富であればその飲み方も多種多様なのが焼酎の魅力!そんな焼酎を首都圏で飲み支えているのが“焼酎女子”なのです。
今回は、生活のなかに焼酎が溶けこんだ彼女たちをお迎えし、丸の内のカフェ&バルでグラス片手にその魅力を語ってもらいました。飲み手の数だけ飲み方が存在する焼酎の奥深さをお届けします!

【1】焼酎女子が語る焼酎の魅力

(左から)渡邊みどりさん、鷲尾早紀さん、鈴木友さん

(左から)渡邊みどりさん、鷲尾早紀さん、鈴木友さん

座談会に集まってもらったのは、有機野菜や国産の自然食品などでお届けする「大地宅配」から、焼酎大好きな渡邊みどりさん、鷲尾早紀さん、鈴木友さんの3名。
会場となった農園カフェ&バル「Daichi & travel cafe」で、それぞれ好きな焼酎グラスを手に、焼酎のどんなところに惹かれているのか、聞いてみました。
「私は、季節によって飲み方をアレンジできるところに惹かれますね。割り方を変えて飲み続けられるので。(笑) 個人的には、体質に合っていて悪酔いしないことも嬉しいポイントですね」(鈴木さん)
「種類や飲み方が豊富で、自分の好きなものが見つけられるんですよ!食いしん坊な私としては、どんなお料理にも合うのも◎」 (鷲尾さん)
「気分やシチュエーションで飲み方を変えられるのが焼酎の魅力ですね。料理と一緒に楽しむ場合は、『どんな飲み方にしようかな?』と考えるのも楽しいんです。温度から味の濃さまで好みで変えられるので、初心者にも飲みやすいと思いますよ」(渡邊さん)

【2】どうやって自分にあう焼酎を選べば良いの?

無限にある焼酎からどれを選べば良いのか、迷っちゃうことも多いですよね。焼酎女子の先輩たちは香りをキーワードに飲み分けているようです。好みもそれぞれ分かれました。
「米かなー!でも芋でも香りが良いものは好きですね。銘柄は富乃宝山とか。ロックで飲めば柑橘系の香りが楽しめるのが個人的に好みです」(鈴木さん)
「一番好きなのは麦焼酎ですね。香ばしさと甘みが魅力で、銘柄でいうと『中々』や『山猿』。黒木本店さんの麦が最近のお気に入りです」(鷲尾さん)
「芋と黒糖が好き。ふわ〜っとした香りがなんとも言えない香ばしさを奏でるんです」(渡邊さん)

【3】焼酎の飲み方のバリーションは無限!?

飲み方のバリエーションを楽しめるのが焼酎の魅力ですが、香りを楽しむ女子としては、香りがふんわり立ち上るお湯割りが好きな傾向。これからの季節はお湯割りがお勧めです。
「お湯割りにすると香りが立つので焼酎の香りが一番楽しめますね!あと、冷凍庫に入れてキンキンに冷やして『ハナタレ』を飲むのがちょっと通だと思います。」(鈴木さん)
※ ハナタレとは・・・製造工程上蒸留段階で最初にでてくるアルコール度が高い状態のもの。
「お湯割りとロックは万人にオススメな飲み方。お湯割りはふわーっと広がる香りが最高!味もまろやかで体も温まります。 ロックはダイレクトに味がわかるので、パンチを感じたい時にはよく飲んじゃいますね」(鷲尾さん)

特集

SPECIAL CONTENTS