連載

【食べ方のキホン】恵比寿にあるフレンチで聞いたスマートなサラダの取り分け方

オーダーしたサラダなんかをさっとお皿にサーブできたらかっこいいですよね!店員さんは簡単そうにやってるけど、実は難しいんじゃない?しかし、実はコツをつかめば意外と簡単にできちゃうんです。今回はそのコツをプロに聞いてきたのでご紹介します!

2015年10月20日 更新

ライター : 5コマで食べ方

普段の食事がもっと楽しくなるスマートな食べ方を大調査。「5コマでわかる食べ方のキホン」を写真付き紹介していきます。

スマートにサラダをお皿にサーブできたら。。!

おしゃれなレストランで、オーダーしたサラダなんかをさっとお皿にサーブできたらかっこいいですよね!  店員さんは簡単そうにやってるけど、実は難しいんじゃないの? そう思いがちですが、実はコツをつかめば意外と簡単にできちゃうんです。 今回はそのコツを東京・恵比寿にあるフレンチビストロ『ル・リオン』のスタッフさんに教えてもらいました!

1)スプーンが下

まずはスプーンとフォークの持ち方。スプーンを利き手に取り、薬指を上にして、中指と小指で挟むように支えます。このとき、人さし指は写真のようにスプーンの柄に軽く添えておきましょう。

2)人さし指と親指でフォークを持つ

あとは簡単。残りの親指と人さし指でフォークを持ちます。スプーンが下なのは、ドレッシングやスープなどもすくえるからなのだとか。どちらが上でなければいけないというルールはありません。 今回はサラダですが、パスタなどの場合には、フォークを裏返して持つといいそうです。

3)下の3本の指を動かして取り分ける

まず先にサラダから取り分けていきましょう。このとき動かすのは、スプーンを支えている下の3本の指のほう。上のフォークは動かさずに押さえる程度でOKです。お箸のような要領で試してみると意外と簡単です!

4)細かい具材はサラダのまわりに

次に、ごろっとした砂肝やベーコンなどの具材は最後にサラダのまわりに取り分けていくと、散らからずキレイに盛りつけることができます。

5)トッピングにも気を配る

ポーチドエッグなどが添えられている場合は、サラダボウルのなかで予め割り、サラダの上にきれいに盛り付けましょう。取り分けた皿のトッピングにも気を配るのがコツですよ!
いかがだったでしょうか?店員さんがサーブしてくれる場合は、もちろん任せてもOK。 何回か練習すれば、すぐにスマートなサーブの仕方を身につけられそうですよね!  ぜひ、お試しあれ。
【取材協力】
「ル・リオン」 ■ 住所:東京都渋谷区恵比寿1-21-16 シェソワ恵比寿 ■ TEL:03-3445-8131 ■ 営業時間:12:00~24:00 ■ 公式HP:http://www.lelion.jp/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS