連載

【食べ方のキホン】恵比寿にあるフレンチで聞いたスマートなサラダの取り分け方

オーダーしたサラダなんかをさっとお皿にサーブできたらかっこいいですよね!店員さんは簡単そうにやってるけど、実は難しいんじゃない?しかし、実はコツをつかめば意外と簡単にできちゃうんです。今回はそのコツをプロに聞いてきたのでご紹介します!

2015年10月20日 更新

スマートにサラダをお皿にサーブできたら。。!

おしゃれなレストランで、オーダーしたサラダなんかをさっとお皿にサーブできたらかっこいいですよね! 

店員さんは簡単そうにやってるけど、実は難しいんじゃないの? そう思いがちですが、実はコツをつかめば意外と簡単にできちゃうんです。

今回はそのコツを東京・恵比寿にあるフレンチビストロ『ル・リオン』のスタッフさんに教えてもらいました!

1)スプーンが下

まずはスプーンとフォークの持ち方。スプーンを利き手に取り、薬指を上にして、中指と小指で挟むように支えます。このとき、人さし指は写真のようにスプーンの柄に軽く添えておきましょう。

2)人さし指と親指でフォークを持つ

あとは簡単。残りの親指と人さし指でフォークを持ちます。スプーンが下なのは、ドレッシングやスープなどもすくえるからなのだとか。どちらが上でなければいけないというルールはありません。

今回はサラダですが、パスタなどの場合には、フォークを裏返して持つといいそうです。

3)下の3本の指を動かして取り分ける

まず先にサラダから取り分けていきましょう。このとき動かすのは、スプーンを支えている下の3本の指のほう。上のフォークは動かさずに押さえる程度でOKです。お箸のような要領で試してみると意外と簡単です!
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

5コマで食べ方

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう