所沢「うずら屋」でふわふわオムライス&とろとろプディングを堪能しよう♡

オムライスやプリンなどを提供しているカフェは少なくありませんが、ここは一味違う「うずらの卵」を使用しているカフェなんです。自慢のオムライスにはうずらの卵を10個も使用しています。その一味違った卵料理、興味ありません?

西武新宿線にあるカフェ「うずら屋」

西武新宿線「航空公園駅」西口から徒歩7分。住宅街の中にある「うずら屋」。こちらはその名の通り、うずらの卵を使ったお料理を専門に扱う、ちょっと珍しいお店です。
お店の入り口の左側には大きな卵型の看板(?)が。なんだ素朴でかわいい雰囲気です。この看板が気になってふらりと立ち寄る人もおおいのだとか。
店内に入ると、これまたなんとも素朴で可愛らしい雰囲気のカフェ。木目調と白を基調とした店内で、ピーターラビットのおうちのようです。
反対側へ目をやると、ちょっとした物販コーナーが。じつはこのカフェ、「本木うずら園」として昭和31年に創業し、年7000万個出荷しているうずらの卵の工場の一角にあるお店で、ここでもその工場の製品を販売しているんです。

うずらの卵が小さいのは日本だけ?!

日本では鶏卵よりも二回りから三回りくらい小さいのが普通とされているうずらの卵ですが、実は海外ではそんなに小さくないのだとか!

店内では、海外のうずらの卵と日本のものの大きさを比較するため、一緒に並べて展示されています。確かに、フランスのうずらの卵はかなり大きいようですね。

初めての人が食べられる美味しい特典♪

うずら屋に初めて来た人には、注文の品に関係なく店員さんが面白いものを出してくれます。

国産うずらの味玉と、フランスうずらのたまごの西京漬です。これがかなり好評。まったりと濃厚で、うずらの卵の美味しさが引き立つ調理法なのだそうです。

リピーターも続出のオムライス

このうずら屋、実は何度かテレビや雑誌で紹介されていて、そのほとんどがここの「フランスうずらの贅沢フワフワオムライス」(¥900)を取り上げています。

メニューにある通り、来た瞬間にフワフワ具合がわかります。
オムライスにはスープとサラダがセットで付いてきてサラダのほうにもうずらの卵が入っている徹底ぶり。この大きさ、ミニサラダにはちょうどいいですね♪
オムライスは卵がフワフワなのはもちろん、デミグラスソースも美味しいと評判です。中のご飯はバターライスと、こちらもひと工夫されています。

そしてなんと、このオムライスを作るのにフランスのうずらの卵を10個もつかうのだとか!ここでオムライスを食べれば向こう半年分くらいのうずらの卵を食べることになりそうです(笑)

スイーツのダントツ人気はプディング

特集

SPECIAL CONTENTS