パリ発!京都祇園のパティスリー「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」がすごい☆

京都祇園にあるパティスリー「La pâtisserie des rêves (ラ・パティスリー・デ・レーヴ)」。パリで最も人気のあるパティスリーの一つの日本初進出店!フランスパリと日本文化との新しい調和をご堪能下さい!

2018年8月7日 更新

パリの人気店が京都に初上陸!

※現在こちらのお店は閉店しております。 
パリで注目を集めている人気パティストリー店が、遂に日本初上陸!風情ある京都祇園に、しっかりと溶け込みつつも、その存在感は異彩を放っています。

京都ならではの民家だったという建物をリノベーション

京都らしい町並みの中におしゃれなお店が紛れています。

一歩先はパリの空間

京都風情の街並みから玄関をくぐり、一歩中へ入ると、そこはまるでパリのお店。パリの店舗でも話題を集めたというそのディスプレイそのままに、お洒落な空間を醸し出しています。
ケーキ一つ一つをディスプレイしている未来型の機械のようなショウウインドウ。吹き抜けの天井から吊るされた明かりと、ケーキに覆いかぶさるガラスとの調和が見事です。

ショップ1階のディスプレイにはシェフの映像も流れます

本場に負けないおしゃれな内装

アートミュージアムのような印象のスイーツディスプレイ。見ているだけでもたのしめるお店です。
イートインスペースからは京都らしい景色も覗けます。フランスのポップでかわいらしいスイーツと風情ある景色のコントラストを体験できますよ。
現代的なデザインが印象的な店内から外を眺めると、石の灯篭や青々とした苔などが見え、ここでもときめきを感じるような海外と日本の洗練された雰囲気のコラボレーションに出会えます。

2F吹き抜け席からの景色

パリの味に日本伝統文化を融合させた新しさを

「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」のオーナー、ティエリー・テシエ氏は、パリの店の単なる再現ではなく、日本ならではの伝統文化を採り入れた表現をするために、京都へ店を構えたそうです。

パリの伝統的なお菓子をアレンジ

タルトタタン(630円)
フランス菓子の定番「タルトタタン」はりんごの塊を鍋に敷きつめ、直火にかけて焼いていきますが、オーブンでできるようにと工夫したもの。

サントノーレ(プティガトーサイズ525円)
伝統的なサントノーレに手を加え、形や作り方に一工夫し、よりサクサクに!

エクレールショコラ(525円)
パリと同じチョコレートを使っていますが、味の出し方を日本人の味覚に合わせ、少し控えめな表現にしたそうです。

「カリソン・フレ」9種類(各189円)
南仏で伝統的に作られるコンフィズリー(砂糖菓子)をフレッシュなフィンガータイプに進化させ、日本先行発売!

クイニーアマン 525円
一般的なクイニーアマンは丸い形をしていますが、こちらのお店のものは、珍しい細長い形をしています。サクッとした食感に病みつきになること間違い無し!

パリブレスト(プティガトーサイズ504円)
車輪形のシュー生地の伝統菓子を皆で食べやすいよう、花の形に進化させたもの

京都ブレストホールサイズ
本場「パリブレスト」の京都バージョンはプレゼントとしても喜ばれます。

【店舗情報】

いかがでしたか?京都の町へお出かけの際にはフランスパリの名店へ是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
■住所
京都府京都市東山区高台寺北門前通下河原東入鷲尾町518
■交通手段
京阪線 祇園四条駅より徒歩12分
(京都市バス)
202・206・207他
東山安井バス停下車徒歩6分
祇園四条駅から767m
■営業時間
12:00~18:00(L.O.17:30)
■定休日:火曜
■カード:不可
■TEL・予約:075-533-7041
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう