7. リアルな手作りチョコレート「かいこの王国」

桑の葉にのったかいこ型のチョコレートがリアルで、キモかわいい「かいこの王国」。富岡製糸場が世界遺産に登録されると、新しい群馬土産として一躍脚光を浴びるようになったお菓子です。「丸エイ食品」が製造している商品で、富岡市内の商業施設やお土産屋さん、直営店で販売されています。

富岡製糸場近くの土産物店「かいこの王国 富岡城町店」

丸エイ食品が直営する土産物店で、富岡製糸場から東のインター西通りへ抜ける、城町通りに面しています。かいこの王国シリーズ第1弾のかいこ型「お蚕様」から、「かいこの一生」「まゆこの夢」の第3弾までを販売。富岡製糸場観光に行くなら、ぜひ立ち寄って現物を手に取ってみてください。
店舗情報

【食品・お酒】群馬でおすすめのお土産5選

8. 桐生市名物の幅広うどん「ひもかわうどん」

米と麦の二毛作が盛んな群馬では、小麦粉を使った食品が多くあります。なかでも麺と野菜を煮込む郷土料理「おっきりこみ」に加える、桐生の幅広うどん「ひもかわうどん」が有名。お店によって幅が2cmほどのものから、15cmを超えるものまであり、お土産としても人気があるうどんです。

桐生市でもっとも人気があるうどん屋さん「藤屋本店」

天ざるうどん 1,300円、そばとひもかわは+100円(すべて税込)
桐生市内には、ひもかわうどんを提供するお店がたくさんありますが、そのなかでも「藤屋本店」が一番のおすすめ。いつも行列ができる繁盛店で、大半の人がひもかわをせいろでいただきます。通販でお取り寄せもできますが、まずはこちらへ立ち寄って、そのおいしさを確かめてみてください。
店舗情報
通販商品はこちら
インターネットで、お店からお取り寄せすることができます。詳しくは上記店舗情報の公式サイトトップページ右上、「お買い物はこちら」ボタンからどうぞ。

9. 益子焼の陶器製釜に入っている「峠の釜めし」

1,100円(税込)
「峠の釜めし」という名は、誰でも一度は聞いたことがあるはず。益子焼の陶器製釜に入った駅弁のことで、群馬県安中市発祥の名物です。醤油味の炊き込みごはんの上に、鶏肉や椎茸、たけのこなどがのった釜めし。食べ終わった釜で実際に米を炊くことができ、HPで炊き方が紹介されています。

明治18年創業の老舗「荻野屋(おぎのや)横川本店」

峠の釜めし定食 1,300円
横川駅を出てすぐ目の前にある角店で、風情のある日本家屋2階建の店舗です。駅舎横の売店でお土産として購入することができ、本店内では定食としていただけます。近隣の高速SAや軽井沢インター、長野にある直営店のほか、東京の銀座シックスや主要駅でも常時販売されています。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ