ライター : muccinpurin

製菓衛生師

無印良品で新作「柿チップ」を発見!

Photo by muccinpurin

価格:250円(税込)
バナナやりんご、キウイなど、おやつとしても重宝するフルーツチップ。無印良品でもりんごチップが販売されていますが、この度秋の新作として「柿チップ」が仲間入りしました。

国産の皮ごと薄くスライスし、低温の油でじっくりと揚げた柿チップ。柿といえばそのまま食べるほかスイーツや料理に使われることもありますが、チップにするのは珍しいのではないでしょうか。Twitterには「見た瞬間カゴに入れた」「地味だけど意外においしい」などのコメントがありました。

Photo by muccinpurin

原材料は、柿(国産)、植物油、水飴、トレハロースの4つだけ。余計なものは使わず、柿本来のおいしさを活かしたお菓子ということが伝わってきますね。

株式会社モミの木が製造しています。

見た目はりんごチップス、味は……

Photo by muccinpurin

パッとみた感じは、ほぼほぼりんごチップス。皮が薄いりんごで作ったのかな〜と思うくらいにりんごチップスのビジュアルと酷似しています。少なくとも柿の鮮やかなオレンジ色は見る影もありません。

香りはほかの果物や野菜チップスと同じ、軽い揚げ油の香り。もたれるような香りはしないので食べやすそうです。

Photo by muccinpurin

写真ではパリパリ感が伝わりにくいのですが、ご覧のようにパリン!と割れる軽やか食感。油っぽさもそこまで感じず、心地よい食べ食感です。

味はといえば、りんごチップから酸味をすべて引いたような味。食感、味、風味もりんごチップよりやや控えめではありますが、ほぼりんごチップのそれです。乾燥させたことで柿の味が強くなっているかといえばそうでもなく、遠くの方にうっすら柿の風味がある程度、どこまでも控えめです。

Photo by muccinpurin

よくいえば酸味控えめ、悪くいえばぼんやりとした味わい。酸味強めなフルーツ好きの筆者的にはやや物足りなさを感じましたが、食べ進むにつれて舌が研ぎ澄まされたのか、 “柿のおいしさの向こう側” 的においしく感じてくるのが不思議です。

そもそも生の柿も甘みがあり酸味が少なく、素朴な味の果物ですもんね。激旨!至福の!といった感動はありませんが、柿本来の滋味深さが生かされていると考えれば合点がいきます。乾燥させることで柿独特の青臭さが抜けて食べやすくなった印象です。

かなり控えめな味なので、ドリンクを合わせるならシンプルな紅茶やほうじ茶がおすすめ。コーヒーでは主張が強すぎて、柿チップの味が負けてしまいそうだと感じました。

特徴

  1. パリパリ食感で軽い食べ心地
  2. 酸味控えめのりんごチップ風
  3. 紅茶やほうじ茶と好相性

無印良品のオンラインでも購入可能

無印良品の柿チップは、全国の無印良品各店または無印良品のオンラインショップでも購入できます。

カバンにスッと入る食べきりサイズの柿チップは、職場やピクニックに持参しやすく、ちょっとしたおやつに最適。まとめ買いしておくと小腹が空いたときに重宝しますよ。

控えめながら滋味深い柿チップ、案外ハマるかも

Photo by muccinpurin

干し柿のように柿の旨味がぎゅーっと濃縮されているわけではなく、軽やかな食感とやさしい味わいの無印良品「柿チップ」。突出してこれといった特徴はありませんが、噛むほどにやさしい甘さが口いっぱいに広がり、いつものティータイムに癒しを与えてくれそうな存在でした。

滋味深いおいしさの柿チップ、ぜひ一度試してみてくださいね。

商品情報

商品名柿チップ
内容量50g
価格250円(税込)
カロリー50gあたり231kcal
販売地域全国の無印良品各店または無印良品オンラインショップ
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの記事はこちら▼
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ