ライター : macaroni_press

「Creative Chefs Box 2030」が今年も開催!

迫り来る世界食料デー、10月16日(日)!

「一般社団法人 日本サステイナブル・レストラン協会」(以下、SRA-J)では、2022年7月27日(水)から世界食料デーの10月16日(日)にかけて、「未来のレシピを考える」コンテスト「Creative Chefs Box 2030(クリエイティブシェフズボックス)」が、オンラインで開催されています。
2021年の「Creative Chefs Box 2030」の詳細はこちら▼

次世代の料理人たちが食の未来に「問い」を立てる

2030年は “サステナブルな未来の分岐点” と言われているのを知っていますか?日本政府が温室効果ガスの46%削減を掲げた達成期限の年であり、国連が採択した、持続可能な開発目標「SDGs」の最終年でもあるんです。

さらに2022年のロシアのウクライナ侵攻により、食の安全保障が揺らいでいるなかで、「今何ができるか」と考え、同イベントの開催が決定されました。

今回で2回目となる「クリエイティブシェフズボックス 2030」では、次世代の料理人たちが、食材や環境、社会に対して「問い」を立て、「未来のレシピ」を考案していきますよ。

「Creative Chefs Box 2030」未来のレシピ募集

対象者はミレニアル世代以下のシェフ、または調理師専門学校の学生。(飲食店・宿泊施設に従事する料理人、出張料理人、料理研究家、調理学校講師なども含む)

料理人としての「問い」 から未来のレシピを考えて、 “全オンライン” でコンテストが実施されます。

サステナビリティ、クリエイティビティ、見た目の3つの指標をもとに、SRAの「One Planet Plate(ワン・プラネット・プレート)」の項目に基づいて審査されますよ。

また、ファイナリストのレシピは「SuMPO」によるCO2排出量(LCA)の測定も参照されます。
※SuMPO……2030年までに「カーボン価値を実感できる社会の実現」を目指す、一般社団法人サステイナブル経営推進機構
LCA……CO2の排出量を見える化した環境影響評価手法

One Planet Plateとは?

「ワン・プラネット・プレート」とは、サステナビリティに配慮したスペシャル・ディッシュをレストランが紹介し、レシピを投稿するグローバルキャンペーン。今回のコンテストにおいても料理は以下6つの基準のうち、ひとつ以上を満たす必要があります。

1. より多くの野菜を使用
2. 低カーボンフットプリント
3. ベターミートの使用
4. 地産地消と旬の食材の推進
5. 水産資源と生態系の保全に配慮した魚介類の使用
6. 食料の無駄をなくす

応募は特設サイトから!

Photo by iStock/vaaseenaa

応募される方は、特設サイトの「応募フォーム」に必要事項を記載してください。優秀レシピは、2022年10月16日(日)の世界食料デーの日に特設サイトにて発表されます。

■応募期間:2022年9月16日(金)〜9月30日(金)
■ファイナリスト発表:2022年10月16日(日)世界食料デー
■アワード発表:2022年10月24日(月)世界開発情報の日
■発表方法:特設サイト
■公募対象:ミレニアル世代(1980年生まれ)以下の、シェフまたは調理師専門学校生
■副賞:最優秀賞受賞者への研修旅行、macaroni掲載
■審査員:SRA-J、FOOD MADE GOODアンバサダー
■特別審査員:unis(ユニ)エグゼクティブシェフ 薬師神陸氏、FARO(ファロ)エグゼクティブシェフ 能田耕太郎氏、日本料理 富成(とみなり)オーナーシェフ 冨成寿明氏

今年はどんなレシピが選ばれる?

2回目の開催となる「クリエイティブシェフズボックス 2030」。料理人が未来の食に対して「問い」をテーマにしたレシピを募集します。昨年は未利用魚と野菜を使ったお寿司が優秀賞に選ばれました。今年は一体どんなレシピが選ばれるのでしょうか。

我こそはと思う方、未来を考える食とは何か考え、応募してみませんか?
おすすめの記事はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ