ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

「未来のレシピ」の受賞レシピがついに決定!

※画像はイメージです。
“2030年の食のあり方” をテーマにした「クリエイティブシェフズボックス2030」が一般社団法人 日本サステイナブル・レストラン協会にて開催!2021年9月16日(木)〜10月2日(土)まで、“未来のレシピ” の公募がおこなわれました。

“2030年の食のあり方” はどうあるべきかをクリエイティブな視点で考え、解決策としての「未来のレシピ」を作り、広めていくことを目的としています。

2021年10月16日(土)に、受賞レシピが発表されたので、本記事にて紹介します。

Creative Chefs Box 2030 「未来のレシピ」とは?

Photo by 一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会

応募対象者は、39歳以下のシェフまたは調理師専門学校の生徒。食料の無駄をなくす(食品ロス削減)または、より多くの野菜を使用(プラントベース)の2つからどちらかを選択して製作するのが基本条件です。

さらに基本条件に加えて、3つの加点条件も。サステナビリティ「変える力」、クリエイティビティ「伝える力」、見た目の「魅了する力」を評価ポイントに審査されました。

優秀賞は「最優秀賞」、「macaroni賞」、「IDEAS FOR GOOD賞」の3つ。

【最優秀レシピ】haishop cafe 前田真吾さん「未利用魚とお野菜のお寿司」

Photo by haishop cafe 前田真吾

最優秀賞に選ばれたレシピは、お寿司がテーマ。基本条件は食料の無駄をなくす(食品ロス削減)。定置網漁法で水揚げされたのに市場に出せない未利用魚と、農薬や化学肥料を使わずそこに暮らすさまざまな生物の力を借りて作られたお米(玄米)が使用されています。

出し殻の昆布や鯵のアラまで余すことなく使用することで食品ロス削減、持続可能なお米の生産、生物多様性の未来を考えて作られたレシピです。

また、野菜は半径80km以内で調達。地産地消でカーボンフットプリントの削減が可能です。

【macaroni賞】ボッテガブルー 榊原光咲さん「秋野菜ギュッ〜モンブランのおかずキッシュ〜」

Photo by ボッテガブルー 榊原光咲

macaroni賞に選ばれたレシピは、まるでスイーツのようなキッシュ。基本条件は、より多くの野菜を使用(プラントベース)に該当します。

地産地消、自家農園で栽培された無農薬の旬の野菜を使用し、輸送による二酸化炭素排出を抑制。低カーボンフットプリントに繋がり、野菜は、皮や種までベジブロスとして使用し食材ロス削減に。

さらに、環境保護の観点からお肉、卵、乳製品は不使用のヴィーガン料理に仕上げています。

【IDEAS FOR GOOD賞】PIZZERIA GTALIA DA FILIPPO 江口弘展さん「里山の恵みと知恵」

Photo by PIZZERIA GTALIA DA FILIPPO 江口弘展

IDEAS FOR GOOD賞に選ばれたのは、鹿肉を使用したレシピ。基本条件は、食料の無駄をなくす(食品ロス削減)に該当します。

メイン食材に鹿肉(ベターミート)を使用することで、年間200億と言われている害獣被害を軽減し、野生動物と人間生活のバランスを取り戻すことに繋がると考えられたレシピ。

新釜の余熱で火入れし、無駄なエネルギーの使用をなくすことで二酸化炭素の排出を抑制、また薪窯の灰を釉薬として使用して作られたオリジナルプレートに盛り付けられています。産業廃棄物となる灰までもお皿として循環させた一品です。

受賞は逃したものの、魅力的なレシピが続々!

La genuinità del pane(パンの真価)

Photo by Faro Giulia Rofi Pallone

基本条件は、食料の無駄をなくす(食品ロス削減)。古くなったパンやコーヒーの出がらし、フルーツの皮、種など、本来なら廃棄されてしまう食材がふんだんに使用されたデセール(スイーツ)です。食材の無駄を出さないことで、食品ロスの削減が可能に。

また、プラントベースで生態系の保全にも配慮された国産の有機食材・自然農法で作られた桃などが使用されています。
Photos:7枚
Creative Chefs Box 2030の画像
未利用魚とお野菜のお寿司
秋野菜ギュッ 〜モンブランのおかずキッシュ〜
里山の恵みと知恵
パンの真価
夏のベジパフェ〜エビのチュイル添え〜
鹿肉䛾マイタケプロテアーゼ風 〜柿䛾ソースを添えて〜
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ