ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ストックに便利!業スーのアメリカ直輸入ベーグル

Photo by muccinpurin

業務スーパーで見つけた「エブリシングベーグル」。アメリカ直輸入で、4種のトッピングを一度に楽しめる、欲張りなベーグルです。朝食やおやつ、夜食に。冷凍ストックしておくと便利なエブリシングベーグルの味わいをレビューします。

業務スーパー「エブリシングベーグル」

Photo by muccinpurin

エブリシングベーグルは、アメリカ生まれのベーグル。業務スーパー以外にもコストコでも手に入れることができる、比較的メジャーなベーグルです。1袋6個入りで564円なので1個当たり100円切るお買い得な点も、人気の理由かもしれませんね。

アメリカを象徴する自由の女神のイラストと、真っ赤なロゴが目印ですよ。
税込価格537円
カロリー1個あたり240kcal
内容量6個

メリットは “冷凍販売” されている点

Photo by muccinpurin

原材料は、小麦粉、砂糖、たまねぎ、ごま、酵母、大麦麦芽粉、食塩、にんにくなど。4種類のトッピングは、たまねぎ、ごま、にんにく、ケシの実のようですよ。

エブリシングベーグルのいいところは冷凍販売されている点。一般的なパンは開封後数日で賞味期限が来てしまうため、早いうちに食べ切らなくてはなりません。特に湿気が多い時期はかびが生えるのもかなり早いので、冷凍しておけるのは助かりますよね。

解凍方法:凍ったままトースターで3分焼くだけ!

Photo by muccinpurin

エブリシングベーグルは、ひと袋に6個入っています。サイズは一般的なベーグル同様直径約10cm程度。おやつ用にも食事用にも、十分な大きさです。

ケシの実がたっぷりまぶされていてじつにおいしそう。袋から出す際ケシの実やごまがこぼれやすいので、キッチンを汚さないように気を付けてくださいね。

Photo by muccinpurin

予熱したオーブントースター(1200W)で凍ったままのエブリシングベーグルを3分焼き、そのまま庫内において余熱で約4分温めると食べごろ。わざわざ解凍する必要もなく、そのままトースターで焼けるのも手軽でいいですよね♪

ご覧ください、この香ばしい色を。たった数分待っただけでカリカリでアツアツのベーグルが一丁あがりです。

気になる味は?トッピングもりもりで満足感アリ

Photo by muccinpurin

エブリシングベーグルを主役にしたワンプレートを作ってみましたよ。シンプルなベーグルもいいですが、4種類のトッピングがのっているのでベーグルだけでも充分な主役感。ひとつめはリベイクしてそのまま食べてみましたが、プチプチと弾けるケシの実やゴマの香ばしさがたまりませんでしたよ。

ふたつ目はスライスチーズをサンド。焼きたてのエブリシングベーグルを2枚にスライスし、市販のスライスチーズを挟むだけで充分主役になりました。サラダやスープを添えれば、立派なカフェ風ワンプレートの完成です。

Photo by muccinpurin

実は筆者そこまでベーグルに思い入れはなかったのですが、焼きたての外サクサク、中ふわふわなエブリシングベーグルを食べて、ベーグルの印象が変わりました。

たまねぎやにんにくがトッピングしてあるのでハムやベーコンなどの食事系おかずも合うし、チーズとナッツをサンドしてはちみつをたら~りなんて甘じょっぱいアレンジもおいしそうだな、などと想像が膨らみます。

ストック推奨の大当たり商品!

Photo by muccinpurin

10cmのベーグルが6個も冷凍庫入るかな……という悩みなんてなんのその、2日で6個のベーグルを完食し、早々に2袋目を買いに出かけました。いくつでも食べたくなるおいしさと、1個約90円というリーズナブルさで、ストックを推奨したいアイテムです!
Photos:8枚
エブリシングベーグルを手で持つ様子
エブリシングベーグルのパッケージ
エブリシングベーグルの原材料
木のボードに重ねられたエブリシングベーグル
焼いたエブリシングベーグルを手で持つ様子
チーズをサンドしたエブリシングベーグル、ガスパチョ、キャロットラペのプレート
スライスチーズをサンドしたエブリシングベーグルを持つ様子
ベーグルを使ったキャロットラペサンドを手で持つ様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ