ライター : Yuzuriha0629

編集&ライター

出版社でライフスタイル誌の編集に携わった後、フリーの編集&ライターとして独立。得意なテーマは食と旅。パリのル・コルドン・ブルーや東京会館クッキングスクールなどで料理や製菓を…もっとみる

バリエーションがすごい!ロピアの寿司

Photo by Yuzuriha0629

「一般的なスーパーの寿司に比べて圧倒的にクオリティが高い!」とネットの口コミで評判のロピアの寿司。総菜コーナの巨大ショーケースの中には、握り、巻き、ちらしとさまざまな形態で具材もバラエティに富んだ寿司があります。

数年前に比べると販売価格は少しずつ上がっているものの、それでも全体的に安く感じる値段です。

人気のパック寿司で味わいをチェック!

Photo by Yuzuriha0629

1,177円(税込)
1人前の「魚萬にぎり寿司9貫ホタテ」を購入しました。パッケージに「本まぐろ」のシールがある通り、赤身と中トロのマグロが入っているほか、ホタテや生エビ、サーモンなどの大き目具材がのった寿司と「魚萬」の焼き印の入った卵焼きが若干窮屈そうに並んでいます。

Photo by Yuzuriha0629

マグロの赤身の重量は23g、もっとも厚みのある部分はなんと1㎝!ネットリとした食感で旨みも抜群です。

Photo by Yuzuriha0629

ホタテの重量は14g。とにかく甘みと旨みがあって美味です!

Photo by Yuzuriha0629

生臭さや水っぽさはゼロの生エビは重量18g。甘エビやぼたんエビを思わせる、上品な甘さが印象的です。
脂のノリが絶妙で、旨味たっぷりのサーモンの重量は17g。クセがないから子どもでも食べやすそう。

Photo by Yuzuriha0629

プチプチと弾けるような食感が新鮮な証のイクラは重量11g。しょうゆ漬けのため、しょうゆはなしで、が正解かも!

Photo by Yuzuriha0629

ロピアの寿司はすべてわさび抜き。売り場にわさび、ガリ、しょうゆがあるので、必要な分だけ取りましょう。

ほかにはどんな寿司がある?

Photo by Yuzuriha0629

寿司好きにはたまらない、バリエ豊富なロピアの寿司コーナー。握りは1人前のほか2人前の「魚萬にぎり18貫ホタテ」が2,592円(税込)、8貫入りの「本鮪尽くし」が1,080円(税込)です。

Photo by Yuzuriha0629

巻き寿司には「魚萬中巻とろたく・生サーモン」745円、ちらしは「魚萬海鮮たっぷりちらし寿司」1,069円(税込)などがあり、こちらもボリューム満点でおすすめです。

また、惣菜やおにぎりの近くには、「うなぎ姿寿司(竹)」1,078円(税込)や「肉沢山キンパ(牛カルビ)」538円(税込・特別価格)などもありましたよ。

割引の時間やタイミングは?

ただでさえお買い得なロピアの商品、それが割引で買えるなら言うことなし!ロピアの割引時間やタイミングをネットやSNSで調べてみると、店舗によって18時頃から半額になる店舗や閉店間際でも半額にならない店舗など、まちまちのようです。割引を狙うなら、お近くのロピアの割引事情を調べておくとよいかもしれません。

ロピアは味わいもコスパもバリエも最強の寿司天国!

筆者は海街に住んでいるため近所のスーパーの寿司のレベルが高めで、ロピアのお寿司の評判の高さには懐疑的でした(笑)。

しかし、実際ロピアの寿司を食べてみてびっくり!これほどおいしく、コスパもよく、バリエーションも豊富とは……。みなさんもおいしい寿司が食べたくなったら、ぜひロピアを訪れてください。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ