ライター : yuri

フードコーディネーター/フードスペシャリスト

食品メーカーの商品開発に長年従事。現在はオンラインで働きながら、ライティング活動もしています。macaroniライターを通じて、食に関するさまざまな情報をお届けします。

1個 約7円!業務スーパーの冷凍「チョコ大福」

Photo by yuri

328円(税込)
業務スーパーのチョコ大福は、チョコレートソースが餅に包まれた和スイーツ。ころんと丸くかわいらしい見た目で、ひとくちサイズなのも魅力のひとつです。

SNSの口コミでは「めちゃくちゃおいしくておすすめ」「たっぷりチョコ入っていて大満足」「絶対買っちゃう!」という期待の高まる感想も。コスパの良さだけではなく、味わいも魅力的なようです。

「チョコ大福」の特徴

Photo by yuri

1個あたりのサイズは約3.5cmで、重さは約22gです。ひと袋に45個入っているので、1個7円程度という驚きの安さ。ひとくちサイズの食べやすさも魅力です。

製造者は、宮城製粉株式会社。業務スーパーで販売されているほかの冷凍大福シリーズ商品や人気のチューロスなども製造している会社です。数多くのユニークな商品を製造しており、世界唯一と自負する団子生産ラインがあるそうですよ。

Photo by yuri

カロリーは100g当たり251kcal。冷凍の状態であれば賞味期限が約1年もあるので、ストックにも最適です。そのまま食べてもおいしそうですが、アイスクリームやパフェに添えるのもおすすめなようです。アレンジレシピのおすすめはチョコバナナ大福が紹介されていますよ。いちごなどのフルーツとも相性が良さそうですね!

「チョコ大福」のおいしい食べ方

Photo by yuri

食べるときは、自然解凍をするだけでOKです。室温や時期によって解凍時間は異なりますが、室温(20℃)で約2時間が目安だそう。夏場などは冷蔵庫に入れて解凍すると安心ですね。冷蔵庫であれば3時間程度で食べられるやわらかさになりましたよ。

あらかじめ解凍しておいて、小腹が空いたときにつまめるようにしてもいいですね。

とろけるチョコともっちり大福

解凍したチョコ大福を半分にカットしてみると、パッケージの通りしっかりチョコレートソースが詰まっています。餅の厚みも絶妙で、もちっとした食感となめらかなチョコレートソースが口の中でとろけます。

思わず、もうひとつと手が伸びてしまう中毒性です。ダイエット中は危険なおいしさかもしれません……!

電子レンジとトースターで作る方法

Photo by yuri

自然解凍がおすすめの食べ方ですが、電子レンジで温めたという口コミをもとに実際にどんな味わいになるのか試してみました!まず電子レンジで30秒程度解凍し、トースターで2~3分温めます。

仕上がりは、餅の底面に水分が溜まってしまい、少しべちゃっとした食感に。底面を上にしてトースターで水分を飛ばすと、少し軽減されますが、やはり自然解凍が一番おいしく食べられるようです。

冷凍の状態からレンジで温めても、中のチョコレートは流れ出すほどゆるくはならず、口どけに大きな変化はない印象でした。

さらにおいしく!おすすめアレンジ3選

1. 王道のおいしさ!チョコバナナ大福

Photo by yuri

解凍したチョコ大福に切れ目を入れておきます。そこに薄く切ったバナナを挟み、上からココアパウダーを振りかければ完成です。

相性の良いバナナとチョコレートがもちもちの大福とマッチして、間違いないおいしさ。ココアパウダーのほろ苦さが良いアクセントになっています。

甘いものが好きなひとは、さらにホイップクリームやチョコレートソースをトッピングしてもいいですね。3つのアレンジのなかでもイチオシの食べ方です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ