ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

口コミでも話題に。成城石井「生姜10倍 エクストラスパイシージンジャーエール」

Photo by akiharahetta

275円(税込)
SNSでもよく見かける、成城石井「生姜10倍 エクストラスパイシージンジャーエール」。1本275円(税込)と少々高めの価格ながら、生姜10倍というパンチ力でSNSを沸かせています。

「めちゃめちゃ生姜!」「本物の味」と口コミは概ね高評価。なのですが、なかには「おいしくない」という意見もあり、捨て置けません。本当のところはどうなのでしょうか?実際に飲んで確かめてみます!

10倍ってどう違うの?

Photo by akiharahetta

本品は、高知県産の生姜を使用した国産ジンジャーエールです。着色料、香料は不使用。原材料を見ると、生姜がもっとも多く使われており、なんとも贅沢!

ほかには、ペルー原産のビタミンC豊富なスーパーフルーツ、カムカムの果汁が含まれています。ちょっと珍しい原材料ですよね。気になるカロリーは100mlあたり39kcalで、思ったより低カロリーでした。

通常のジンジャエールと比較

Photo by akiharahetta

本品の生姜がどのくらい濃いのかわかるように、通常のジンジャーエールと比較してみましょう。左から、成城石井「ジンジャーエール」、本品、WILKINSON(ウィルキンソン)「ジンジャーエール辛口」です。

それぞれ色も違えば炭酸量も違います。注目していただきたいのは透明度。左右の透き通った色に比べ、本品にはほとんど透明感がありません。驚きの濃度ですよ!

実際に飲んでみると…

Photo by akiharahetta

見てください、この白濁した色。生姜の絞り汁そのものって感じではありませんか。まるで桃かなにかの果汁のようです。

実際に飲んでみると……、むむむっ、おいしい!パンチもすごい!喉をピリピリと刺激するほど濃い生姜の味わいは、手作りのジンジャーエールの原液を思わせます。炭酸は弱めで、飲む生姜といった感じです。
たしかに、一般的なジンジャーエールとはまったく違いますね。10倍という商品名ままのドリンクです。化合物は含まれていないため、後味がとてもよく、手作りの味わいを楽しめる貴重なドリンクだと思いますよ。筆者はとても気に入りました♪

Photo by akiharahetta

とは言え、一度飲むとファンになるという人が多い反面、苦手な人がいるのも納得。生姜好きにはたまらない商品かもしれませんが、炭酸飲料として飲むには飲みにくさを感じるかもしれません。水やお湯で割って飲む人もいるくらいですから、薄めて調整してみてはいかがでしょうか。

一方、ノーマルの成城石井「ジンジャーエール」は、あっさりした味わい。そのままゴクゴク飲むのに適しています。ウィルキンソン「ジンジャーエール辛口」は、ザ・炭酸飲料といった香りと味わいで親しみやすいでしょう。

こんな飲み方も!おすすめのアレンジレシピ

1. フルーツを加えてマチェドニア風

Photo by akiharahetta

フルーツを足してマチェドニア風ドリンクはいかがでしょうか。成城石井「生姜10倍 エクストラスパイシージンジャーエール」は甘さ控えめ。はちみつを加えるとさらにおいしくなります。さらに炭酸で割れば、さっぱり爽やか♪ 子供も飲みやすいアレンジですよ。

2. お酒で割ればオリジナルカクテルに

Photo by akiharahetta

お好みのお酒を本品で割り、場合によっては炭酸を足してください。単なる炭酸水で割るよりも風味UP!カクテルのような味わいになります。グラスのフチに塩かグラニュー糖をまぶすとより雰囲気が出ますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ