ライター : Yuzuriha0629

編集&ライター

出版社でライフスタイル誌の編集に携わった後、フリーの編集&ライターとして独立。得意なテーマは食と旅。パリのル・コルドン・ブルーや東京会館クッキングスクールなどで料理や製菓を…もっとみる

コストコで買えるバナナはリピ買い必須の人気商品

Photo by Yuzuriha0629

コストコの青果コーナーは、フルーツ天国!2022年4月現在、筆者が訪れた金沢シーサイド倉庫店ではバナナを筆頭にルビーグレープフルーツ、ラズベリー、りんご、パイナップルなどさまざまな種類の果物がお値打ち価格で販売されています。

スーパーでも安く買えるバナナはコストコでも人気商品のためか、売り場面積が広く、「デルモンテバナナ」と「ファーマインド オーガニックバナナ」の2種類が山積みにされていましたよ。さっそく各商品の特徴を見てみましょう!

2種類のバナナに違いはある?特徴や味わいをレビュー

Photo by Yuzuriha0629

左:「ファーマインド オーガニックバナナ」、右:「デルモンテバナナ」
今回「デルモンテバナナ」は158円(税込)、「ファーマインド オーガニックバナナ」は248円(税込)で購入しました。2種のバナナはどちらも重量が1.3kg。一般的なスーパーのバナナと比べると、コストコのバナナはどちらもコスパがよいと言えるでしょう。

※バナナの産地や本数、大きさは購入する時期によって異なる可能性があります。

デルモンテバナナ

Photo by Yuzuriha0629

158円(税込)
「デルモンテバナナ」の原産国はグアテマラ。15cm超えの太いバナナが8本入っています。完熟前の青い状態が販売されていることもあるようですが、筆者がコストコを訪れた際のバナナは全体に黄色いものが多く、果柄(かへい)の部分にわずかに青みが残っていました。

Photo by Yuzuriha0629

まだ青みがあり完全に熟していないため、カットしてもバナナの香りはほとんど感じられません。ひと口食べてみると、酸味が強く感じられ、甘さも控えめ。むっちりとした食感が印象的でした。実は長さ15cm以上、直径は3cm超えです。

ファーマインド オーガニックバナナ

Photo by Yuzuriha0629

248円(税込)
「ファーマインド オーガニックバナナ」の原産国はメキシコ。「デルモンテバナナ」同様、15cmを超えるバナナが8本入っています。価格だけで見ると、「デルモンテバナナ」のほうが安いようです。

ただし、こちらのバナナは有機栽培で大切に育てられおり、パッケージには日本の農林水産省の有機栽培の基準を満たしていることを示す、有機JASマークもついています。

また、完熟前の青い状態のバナナが販売されていることが多く、筆者の行った店舗でも少し青みがかったものが多かった印象です。
長さ15cm以上、直径は太いところで3cm以上。実はずっしりと重く、ボリュームがあります。

購入日当日、まだ完熟前のオーガニックバナナを食してみました。さわやかな酸味と適度な甘みがあり、食べられないほどではなかったです!ただし、この状態だとねっとり感はなく、少し青臭さはありました。

食べ頃はいつ?青みがあるバナナで追熟の様子を観察!

まだ熟していなかった「ファーマインドオーガニックバナナ」で追熟の様子を観察してみました。どのくらいで食べ頃になるのでしょうか?

購入翌日

Photo by Yuzuriha0629

直射日光の当たらない場所でひと晩、バナナラックに吊るし常温保存(15℃前後)してみました。青みがかっていた皮の色が、全体的に黄色く変化してきたように思います。香りはまだほとんどしません。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ