食べ頃が過ぎたスイカの救済レシピ3選

スイカは、食べ頃を過ぎると食感が悪くなったり甘味が落ちたりして、そのままではおいしくいただけません。食べ頃が過ぎたなら、ジャムやドリンク、デザートなどに加工するのがおすすめ。おすすめのレシピを参考に、ぜひ最後までスイカを楽しんでくださいね。

1. さわやか。スイカとしょうがのスムージー

スイカが食べ切れないときには、ぜひスムージーやジュースにしてみてください。スイカとしょうがの相性はピッタリ。ピリッと味が引き締まり、さわやかな味わいですよ。スイカの種を取り除くときザルを使うのがおすすめです。

2. 美しい赤色。スイカのコンフィチュール

食べ頃が過ぎたスイカや甘味が少ないスイカがあったら、ぜひ試して欲しいスイカのコンフィチュール。スイカの鮮やかな赤色が美しく、レモン果汁の酸味が効いてさっぱりとした甘さに仕上がります。スイカはほとんどが水分。煮詰めるとカサが減るため、大量消費したいときにうってつけですよ。

3. 子どもが喜ぶ。スイカシャーベット

食べ頃を逃したスイカはグズグズに崩れることが多いですよね。そのまま食べてもおいしくないときは、シャーベットを作ってみましょう。はちみつやレモン果汁を加えて凍らせるだけで、簡単デザートのできあがり。子どもも大喜びのおやつになりますよ。

食べ頃のスイカをよりおいしく味わおう!

食べ頃のスイカは、甘さやみずみずしさが抜群のおいしさです。糖度以外にも見た目で食べ頃を見極めることができるので、ぜひご紹介したポイントを参考に選んでみてはいかがでしょうか?

切り方や保存方法を工夫することで、よりおいしく楽しむこともできますよ。旬のスイカで夏を元気に過ごしましょう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ