ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

新作「ブルボン エリーゼ ピスタチオ」がお目見え♪

Photo by muccinpurin

価格/183円(税込)
2022年3月15日(火)、セブン-イレブンに新作菓子「ブルボン エリーゼ ピスタチオ」が登場。軽い食感のサクサクウエハースに、ピスタチオ香る上品なクリームをサンドしています。

エリーゼといえば、1979年に発売されて以来じつに43年ものあいだ愛され続ける、ブルボンの看板菓子。スティック状で食べやすく、軽やかなウエハースが食べやすく、子どもから大人まで広く愛されています。

今回は根強い人気を誇るエリーゼに、流行りのピスタチオ味が登場。ピスタチオクリーム、ウエハースのハーモニーを想像しただけで、おいしそうな予感しかしません!

SNSではピスタチオ好きが歓喜!

Photo by macaroni

発売日以降、SNSでは「ピスタチオ味のエリーゼがおいしすぎる!」「究極においしいエリーゼにピスタチオクリームなんて罪だ……」と話題に。

1袋16本入りで183円とピスタチオを使ったお菓子にしてはリーズナブルなこともあり、買い占める人が後を絶たないようです。

Photo by muccinpurin

原材料は、小麦粉(国内製造)、植物油脂、砂糖、ぶどう糖、全粉乳など。ピスタチオナッツペーストでピスタチオ風味を表現しているようですよ。1袋2本入りで39kcal、1袋に8袋入っているので、小分けにして食べられるのも魅力です。

Photo by muccinpurin

ずらりと並んだピスタチオ味のエリーゼ。パッケージもピスタチオグリーンをモチーフにしていて、実に上品なデザインで食べる前から気持ちが高まる~♪

しっかりとしたピスタチオ味に感激!

Photo by muccinpurin

袋から取り出したエリーゼは、変わらないシンプルなビジュアル。筆者は子どものころにおやつとして食べていたこともあり、久々の対面に懐かしさがこみ上げてきます。

つまみやすいスティックタイプをひと口頬張ると、カリカリサクサク、止まらないおいしさ。そうですこれこれ、絶妙な生地の薄さとシンプルな味わい、サクサクと軽い食感につられてひと袋なんて秒で食べ終わってしまうおいしさです。

ウエハースとクリームというシンプルな組み合わせながら、改めて食べてみると薄さや食感など細かく計算しつくされていることに気付きます。さすがはエリーゼ!

Photo by muccinpurin

写真ではわかりにくいのですが、淡いピスタチオカラーのチョコレートクリームがぎゅぎゅっと詰まっています。軽やかな食感のウエハースと、口どけのいいピスタチオクリームは相性抜群。

定番のホワイトクリームやチョコクリームでおいしさは知っているつもりでしたが、ピスタチオクリームの上品な甘さやしっかりとしたナッティな風味が絶妙にマッチして、2~3袋なんてあっという間に食べ終わってしまいますよ。

ウエハースのサクサク感はそのままに、ピスタチオクリームでワンランクアップした、ナイスアレンジなエリーゼでした。

エリーゼピスタチオの定番化を希望します!

Photo by muccinpurin

これまでもさまざまなピスタチオ菓子を実食してきましたが、実際のところ「ピスタチオ……?」と疑問符が付くものも多々。そんななかエリーゼのピスタチオはしっかりとナッティなピスタチオを感じられ、ウエハースのサクサク食感とも好相性。

発売期間は未定ですが、定番化を熱望します!

商品情報

■商品名:ブルボン エリーゼ ピスタチオ
■内容量:16本(2本×8袋)
■価格:183円(税込)
■カロリー:2本×1袋(標準7.2g)あたり39kcal
■販売日:2022年3月15日(火)以降順次発売
■販売場所:全国のセブン-イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
お菓子の人気記事はこちら▼
Photos:7枚
エリーゼピスタチオのパッケージ
スマホを操作している
エリーゼピスタチオのパッケージ
エリーゼピスタチオの個包装パッケージ
エリーゼピスタチオを指でつまむ様子
半分に割ったエリーゼピスタチオ
エリーゼピスタチオのパッケージと小分けのエリーゼ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ