もち米の賞味期限が過ぎても無駄なく使い切ろう!

もち米の賞味期限は、最長2ヶ月程度。賞味期限はあくまでも目安なので、少し古くなってもすぐに捨ててしまわず、ひと手間加えて使い切りましょう。なるべく余らないように、炊き込みごはんやおかずに活用するのもおすすめです。

なお、もち米は賞味期限内であっても、保存状況によっては傷んでしまうことが。購入時とくらべて見た目やにおいが違うときは、食べるのを避けてください。もち米を正しく保存し、無駄なく活用してくださいね。
【参考文献】
(2022/03/14参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ