ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

スプーンで食べる蜜いもをローソンで発見!

Photo by muccinpurin

価格:198円(税込)
2022年3月8日(火)、徳島産業から新作スイーツ「徳島産業 蜜いも 紅はるか使用」登場、全国のローソン各店で販売されています。

蜜が入ったように糖度が高く甘いことから “蜜いも” と呼ばれる紅はるかを使い、ねっとりと甘い芋本来の味が堪能できる、スイーツです。徳島産業ではこれまで、ローソンで同様のスイーツを販売しており、そのどれもが素材を活かした力作ぞろい。今回の蜜いもバージョンにも期待が高まります。

さつまいもブームのなかでも人気の品種「紅はるか」を使用

Photo by muccinpurin

原材料は、さつまいも(紅はるか/日本)砂糖(グラニュー糖、和三盆糖)、濃縮乳、加糖卵黄、食物繊維、寒天などなど。材料はいたってシンプルで、砂糖はすっきりとした甘さが特徴のグラニュー糖と、上品な甘さの和三盆の2種類を使っているようですよ。

紅はるかといえば、“ほかの芋とくらべてはるかにおいしい” ことから名付けられたほどの、糖度の高さが特徴。糖度は熱を加えることで50度にもなると言われています。ここ数年の焼き芋ブームでも、一番と言っていいほど人気の品種です。

ねっとり甘あま、濃厚蜜いも

Photo by muccinpurin

プラスチックの容器に入った蜜いもは、スプーンですくってそのまま食べることができますが、今回はお皿に出してみましたよ。黄金色に輝くそのビジュアルは、まさに蜜いもの色合いそのもの。皮の香ばしさこそないものの、焼き芋の甘い香りが漂います。

Photo by muccinpurin

固さは、ゼリーよりも固い水ようかん程度。スプーンがスッと入るちょうどいい固さです。さつまいもの繊維感を残しつつも、裏ごしされているのでなめらかな舌触り。焼き芋ほどのねっとり感はありませんが、水分が補われているので口のなかでスッと溶けていきます。

砂糖が使われていながらも、蜜いもならではの自然な甘さは損なわれず、すっきりとしたあと味が魅力。焼き芋のようにむせることがないので、子どもでも食べやすいかもしれませんね。

1個80kcalでヘルシー

Photo by muccinpurin

スプーンですくって食べやすく、水分が多いので口どけも抜群。寒い季節にハフハフいいながら頬張る焼き芋も最高ですが、暖かい季節にひんやりとしたさつまいもスイーツを食べるのもオツなもの。カップ入りで型崩れしないので、ランチあとのデザートにも、ピクニックやアウトドアへのもち運びにも便利です。

そして特筆すべきはそのカロリー。1個あたり80kcalと、控えめなカロリーで、食後のデザートとして食べても、罪悪感がないのがうれしいですね。

さすがは蜜いも!満足度はなまる♪

Photo by muccinpurin

さつまいもの王様と言っても過言ではない、人気の蜜いも 紅はるかを使ったひんやりスイーツは、素材の味をそのままに、スプーンで食べやすく、のどごしがいいこれからの季節にぴったりなスイーツでした。

コンビニのカップスイーツとしてはやや小ぶりでしたが、蜜いもらしいねっとりとした自然な甘さで、満足度ははなまる。お芋好きさんにおすすめしたいスイーツです。

商品情報

■商品名:徳島産業 蜜いも 紅はるか使用
■内容量:1個
■価格:198円(税込)
■カロリー:1個あたり80kcal
■販売日:2022年3月8日(火)
■販売場所:沖縄を除く全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
ローソンの最新情報はこちら▼
Photos:6枚
徳島産業 蜜いも 紅はるか使用のパッケージ
徳島産業 蜜いも 紅はるか使用のパッケージ
パッケージから取り出した蜜芋 紅はるか使用
蜜いも紅はるか使用をスプーンですくう様子
スプーンですくった蜜いも紅はるか使用
徳島産業 蜜いも 紅はるか使用
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ