6. 創業60余年!四谷の名店「焼鳥のんき」

Photo by KAMEIDO CLOCK

創業60余年、 毎日継ぎ足してきた秘伝のたれをひっさげ、四谷の名店「焼鳥のんき」がカメクロ横丁に登場。

本店では、自家製の辛味噌で味わう「くび皮」や、地鶏の5倍以上の飼育期間をかけた「親もも」や「親むね」は、旨みと噛み応えがクセになると評判です。

7. 幻の黒毛和牛を味わえる「ブッチャーオオヤマ」

Photo by KAMEIDO CLOCK

年間出荷頭数わずか60頭で “幻の黒毛和牛” と称される「東京ビーフ」が味わえる、肉バル「BUTCHER OHYAMA(ブッチャーオオヤマ)」。

食肉卸問屋直営だけあって、肉の目利きは完璧です。おいしいを食べてパワーをつけたい、という日に訪れたいお店ですよ。

亀戸の新名所は名店ぞろい!

Photo by KAMEIDO CLOCK

下町という土地柄、卸売専門店直営の店舗が多く、鮮度のいい食材を使った名店がずらりと並ぶカメクロ横丁。肉、魚、天ぷら、イタリアンと、その日の気分によって選んだり、カメクロ横丁内ではしごを楽しむのもアリですね。

施設情報

おすすめの記事はこちら▼
Photos:9枚
カメクロ横丁ののれんがかかったKAMEIDO CLOCKの入り口
ピザとパスタ
網の上でホルモンを焼く様子
鮨屋刺身の盛り合わせ
カウンターに並んだ3種類のビール
海老天、野菜店など天寅の料理
焼鳥を焼く様子
牛かたまり肉とトマト、にんにく、ピーマン、じゃがいも
KAMEIDO CLOCKの外観
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ