ライター : macaroni トレンド

macaroni 編集部のトレンドチームアカウントです。食と暮らしのトレンドに関する情報をお届けします。

亀戸駅前商業施設に「カメクロ横丁」オープン!

Photo by KAMEIDO CLOCK

2022年4月28日(木)、東京都江東区亀戸に、下町とニューカルチャーが融合した商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」が開業します。

JR総武線「亀戸」駅徒歩2分の好立地に加え、衣食住を幅広くカバーする幅広い店舗ラインアップで、開業前から注目を集める通称 “カメクロ” 。

この記事では、下町ならではの食文化を活かし、食を通じた新たな地域コミュニティの拠点とした飲食店街 “カメクロ横丁” の全7店舗をご紹介します。

1. カジュアルイタリアン「ミシア」

Photo by KAMEIDO CLOCK

「MISIA(ミシア)」は、有名店での経験を活かしたシェフによる、生産地直送の厳選した肉や魚、世界中から集めたハーブやスパイスを活かしたメニューが楽しめるカジュアルイタリアンのお店。

テイクアウト用のピザも充実し、自宅に居ながらにして気軽に本格的なイタリアンを味わえます。シンプルで素朴な料理がそろう、毎日通いたくなるようなアットホームな雰囲気が魅力ですよ。

2. 地元住民に長年愛されてきた「焼肉ホルモン魂」

Photo by KAMEIDO CLOCK

地元住民に長年愛されてきた人気の炭火ホルモン焼き肉店が、新業態でオープン。店主は、亀戸の有名ホルモン焼き店「初代吉田」で修業したという、生粋のホルモン好きです。

芝浦直送の新鮮なお肉や、ホルモンをスタッフが丁寧に焼き上げ、もっともおいしい食べごろを逃すことなく味わえますよ。

系列店では、シロコロ、シビレ、マルチョウなどさまざまな焼きもののほか、珍しい肉のお刺身も提供中。仕事終わりにビール片手にホルモンで乾杯、なんていかがでしょう。

3. 地元城東で人気の名店!「にだいめ野口鮮魚店」

Photo by KAMEIDO CLOCK

地元城東で人気の名店「にだいめ野口鮮魚店」。豊洲市場のマグロ専門卸売問屋が母体となり、ランチでは質も量も申し分なしの豪快丼が味わえます。

ディナーでは、鮮度が自慢のお刺身や海鮮を使ったフライなど、和を感じられる気の利いたメニューで、お酒が進むこと間違いなし!

4. ビール専門店「びあマ」

Photo by KAMEIDO CLOCK

大型商業施設初出店となる、北千住のビール専門店「びあマ」。世界中のビールが集結する下町のクラフトビール専門店は、600種類を越えるさまざまなビールがずらりとそろう本格的なボトルショップに、その場で楽しめるスタンディングバーも併設された、ハイブリッドクラフトビールストアです。

カメクロ横丁オリジナルのビールも開発中とのことで、ビールならおさえておいて損はなさそう。

5. バルスタイルで気軽に楽しめる「天ぷら 天寅」

Photo by KAMEIDO CLOCK

「天ぷら 天寅」では、海老、穴子、いか、キスなど定番の天だねに加え、旬の食材や天寅オリジナルの変わり種が楽しめます。

天ぷら専門店と聞くと、ちょっぴりハードルの高いイメージがありますが、バルスタイルなので気軽に立ち寄れるのも魅力。揚げたてサクサクの天ぷらで、仕事帰りの一杯なんて良さそうですね。
Photos:9枚
カメクロ横丁ののれんがかかったKAMEIDO CLOCKの入り口
ピザとパスタ
網の上でホルモンを焼く様子
鮨屋刺身の盛り合わせ
カウンターに並んだ3種類のビール
海老天、野菜店など天寅の料理
焼鳥を焼く様子
牛かたまり肉とトマト、にんにく、ピーマン、じゃがいも
KAMEIDO CLOCKの外観
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ