ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

韓国では誰もが知ってる!オットギ「ジンラーメン」

Photo by akiharahetta

韓国のインスタントラーメン「ジンラーメン」をご存じでしょうか?日本ではあまり知られていませんが、本場では辛(シン)ラーメンに次ぐ人気なんだそう。

発売しているのは、韓国の食品加工会社オットギで、韓国語でだるまを意味する会社名は子供に愛されるよう名付けたんだとか。韓国映画やドラマに登場する率は「ジンラーメン」の方が多く、ナンバー2のラーメンとして愛される存在なんですよ。

スーパーでは売ってない⁈どうやって購入するの?

Photo by akiharahetta

オットギ「ジンラーメン」には、辛さをおさえたマイルド味(甘口)と、強い辛さのスパイシー味(辛口)があります。マイルド味は青パッケージで、スパイシー味は赤です。

初めて見るパッケージではありませんか?一般的なスーパーで取り扱っていないため、購入はオンラインショップになります。ひとパック5食入りで価格は1,000円弱(税込)ほど。2種類購入したので味比べしてみたいと思います。

マイルド味(甘口)、スパイシー味(辛口)の味を比較

Photo by akiharahetta

鍋に湯を沸かし、麺と乾燥具材、スープを入れて煮ます。パッケージの作り方はすべて韓国語ですが、インスタントラーメンなのでとくに問題はなく作れましたよ。

マイルド味は甘口ですが、ちょっと赤さのあるスープ。スパイシー味は、より赤みがかっていて、見た目からして辛そうです。日本のインスタント麺より量が多く、550mlの水で煮るためスープもたっぷり。

のびにくいモチモチ麺

Photo by akiharahetta

韓国ラーメンの特徴は何といっても麺!のびにくい太麺は卵を多く練り込んであり、モチモチした食感なんですよ。

しっかりコシがあっておいしい♪ぷるんと押し返してくるような噛み応えは韓国麺ならではでしょう。ボリュームたっぷりなので、具材を足して2人でシェアしてもいいかもしれません。

マイルド味でもそれなりに辛い

Photo by akiharahetta

甘口となっているマイルド味でも、それなりに辛さはあります。スープをよく見ると赤い油が浮いているのが見えますよね。初めこそ甘さを感じますが、あとからピリピリと辛さが追いかけてくるので油断大敵です。

これで甘口ならスパイシー味はどうなってしまうのだろう……と思っていたら、もっとずっと辛口でした。もうひと口めから辛い!コクがあっておいしいけど激辛です。次で辛さを調整できるアレンジをご紹介します。

「ジンラーメン」マイルド味(甘口)のアレンジ3選

1. 子供でも食べられるカルボナーラ

Photo by akiharahetta

「ジンラーメン」マイルド味は、そのまま食べると辛さを感じます。子供でも食べられるようアレンジするなら、カルボナーラはいかがでしょう。

牛乳やチーズ、卵を使うことで、グッとやさしい味わいになりますよ。味付けは付属のスープを使ってください。コシのある麺だから充分パスタの代わりになります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ