ライター : 髙橋美咲

ライター|旅と暮らしとグルメ。

名古屋には魅惑のフルーツサンドがいっぱい!

Photo by @terutan_41

名古屋には、新鮮なフルーツを扱う八百屋、カフェ、フルーツパーラーなどさまざまなお店でフルーツサンドが売られています。それぞれ、フルーツや生クリーム、パンにこだわり、味わいもさまざま!

ぜひお気に入りのフルーツサンドを見つけてくださいね。

【12位】昔ながらのフルーツサンド「朝日屋」(大曽根)

Photo by @_190221ba_

大曽根駅から徒歩約5分、オレンジ色のレトロな店構えが目を引く「朝日屋」。駅の西側、「オズモール」という商店街の一角に位置しています。

店内のショーケースには、フルーツサンドから惣菜系のサンドウィッチ、名古屋らしい小倉あんを使ったものまで、常時15種類ほどのサンドウィッチがずらり。多くの種類から選びたい方は、早めの訪問をおすすめします!

イチゴ小倉サンド(左)、白玉小倉サンド(右)

Photo by @_190221ba_

350円、320円(すべて税込)
おすすめのフルーツサンドは、いちごと生クリーム、そして名古屋名物小倉あんがサンドされたイチゴ小倉サンド。いちごの甘酸っぱさとあんの甘みが絶妙にマッチして、おやつ感覚で楽しめますよ!

断面は控えめで食べやすいボリューム感。昔ながらのやさしい味で、小さな子どもでもペロっと食べられる味わいです。テイクアウトしておやつタイムに食べてみて。
店舗情報

【11位】パン屋さんのこだわりフルーツサンド「ぱん兄弟」(植田)

Photo by @gourmet.sweets_a

天白区植田山にある「ぱん兄弟」。お兄さんがハード系、弟さんがソフト系のパンを作っている、まさに兄弟の個性を生かしたパン屋さんなんです!

店内には多彩なパンがずらり。バゲットやベーコンエピなどのハード系から、あんパン、クリームパンなどの定番まで、つい迷ってしまうほどのラインアップです。

プリンアラモードサンド(上)、フルーツサンド/いちご(下)

Photo by @joicro24

ともに390円(税込)
フルーツサンドは、ハード系を担当するお兄さんが作っています。ぎっしりのフルーツと生クリームがかわいらしい見た目ですね。

いちごやみかん、シャインマスカット、いちじくなど、季節ごとにさまざまなフルーツサンドが並びます。プリンアラモードをパンにはさむ、斬新なメニューも大人気です。
ぱん兄弟
住所
〒468-0001
愛知県名古屋市天白区植田山3丁目1705−3
営業時間
水曜日
10:00〜19:00
月曜日
10:00〜19:00
火曜日
10:00〜19:00
水曜日
10:00〜19:00
木曜日
10:00〜19:00
金曜日
10:00〜19:00
土曜日
10:00〜19:00
日曜日
10:00〜19:00
開閉
電話番号
052-770-6322
最寄駅
地下鉄植田駅よりバス「焼山」で下車、徒歩約4分

【10位】たっぷりの生クリームが魅力!「ボンマテリエル」(覚王山)

Photo by @nanakaaa0813

覚王山駅より徒歩3分、日泰寺の参道にあるパステルグリーンの扉が目印の「Bon materiel(ボンマテリエル)」。スタッフひとりで手作りした、上質なフルーツサンドが話題のお店です。

店内には3席ほどでイートインも可能。雑貨が並ぶ、かわいらしい雰囲気です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ