4.【吉祥寺】大人のハンバーガー屋さん「ヴィレッジヴァンガード ダイナー 吉祥寺店」

Photo by @ken18_18taro

吉祥寺駅北口から徒歩6分ほどの場所にある「VILLAGE VANGUARD DINER(ヴィレッジヴァンガード ダイナー)吉祥寺店」。遊べる本屋として全国に300店舗以上を展開する「ヴィレッジヴァンガード」の店長が、“食と本の融合”を生み出したいという想いから立ち上げたことが始まりです。

“大人の隠れ家”をコンセプトに、アンティーク家具や絵画を配置して、遊び心満載の店内ですよ。

ペッパー&チェダーメルトバーガー

Photo by @ken18_18taro

1,859円(税込)
店主が一年かけて研究を続けた結果、“おいしさの秘訣は素材にこだわって丁寧に作ること”という答えにたどり着きました。店内では、バンズ、パティ、野菜すべてにこだわった自慢のハンバーガーがいただけます。

おすすめは「ペッパー&チェダーメルトバーガー」。お店で燻製した厚切りベーコンの上にとろとろのチェダーチーズがたっぷりかかっており、見た目から圧巻。黒こしょうがアクセントで効いており、がっつり食べたいときにぴったりのひと品です。
店舗情報

5.【自由が丘】オーガニックバーガーを堪能!「ベアバーガー 自由が丘店」

Photo by @yojiro_memorandumofwhatiate

「Bareburger(ベアバーガー)」は、2009年にニューヨークで創業したハンバーガーブランドです。店名にある「ベア(bare)」は“ありのまま”という意味で、ホルモンや農薬などを極力使わず育てた食材を使用するというお店のコンセプトから名付けられています。

そんなオーガニックを意識した、体にやさしいハンバーガーがいただける「ベアバーガー」は2015年に自由が丘にオープンし、日本初上陸を果たしました。

アメリカン

Photo by @yojiro_memorandumofwhatiate

1,870円(税込)
ベアバーガーでいただけるハンバーガーは、エコを追求した素材にこだわっています。パティに使っている肉は、牧草を食べ放し飼いで育ったビーフ、チキン、ターキーなどで、すべて無添加です。

初めて訪れた際は、王道の「アメリカン」をいただいてみましょう!オーガニックビーフからあふれる肉汁に舌鼓を打ってしまいます。体にやさしい食材をふんだんに使ったハンバーガーなので、罪悪感なく食べられそうですね。
店舗情報

6.【北千住】アメリカンな雰囲気を楽しめる「サニーダイナー 本店」

Photo by @zen1log

「SUNNY DINER(サニーダイナー)本店」は、2005年にオープンしたハンバーガー屋さんです。オープンから瞬く間に人気店となり、現在は北千住の3店舗に加え、六本木と柏の葉にも店舗を展開しています。

本店は北千住駅前通りから1本道に入った住宅街の中に佇んでおり、赤と白を基調とした外観はまさにアメリカンな雰囲気。アメリカに来たかのような気分になり、入る前からワクワクしますよ。

アボカドチーズバーガー

Photo by 3_ori

1,400円(税込)、ポテト&ドリンクの2品セット600円(税込)
提供されるメニューもアメリカンなハンバーガーばかりです。「アボカドチーズバーガー」は、女性に人気のメニューのひとつ。特選牛100%のパティと栄養満点なアボカド、濃厚なチーズの相性は抜群で食べ進める手が止まらなくなりますよ。

「サニーダイナー」はサイドメニューも充実!ポテトとドリンクをセットにしていただきましょう。クリスピータイプのポテトはカリカリ食感で冷めてもおいしく食べられます。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ