ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

監修者 : 中田 馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事・中田家庭保育所施設長

息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、24年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和…もっとみる

離乳食で豆腐を使うレシピを食べられるのはいつから?

そのまま食べても、加熱してもおいしい豆腐。食感がやわらかく、歯がない赤ちゃんでも舌でつぶせるため、離乳食の初期から食べられます。下ごしらえも簡単なので、忙しい方でも手軽に摂り入れられる食材ですよ。

では、具体的な量や形状について、詳しくみていきましょう。(※1)

離乳食で豆腐を与える量の目安や形状

・初期(5~6か月頃)
量……約5~30g
形状……ペースト状(ヨーグルトほどの硬さ)

・中期(7~8か月頃)
量……約30~40g
形状……粗つぶしまたは4mm角くらい(舌でつぶせる硬さ)

・後期(9~11か月頃)
量……約45g
形状……5~8mm角くらい(歯茎でつぶせる硬さ)

・完了期(12~18か月)
量……約50~55g
形状……1cm~ひと口大くらい(歯茎で嚙める硬さ)

やわらかい豆腐でも、初期はペースト状にする必要があります。お子さんの成長に合わせて、徐々に変化させていきましょう。(※1,2)

これを知っておくと便利!豆腐の冷凍方法

※画像はイメージです
少し手間のかかる離乳食作り。なるべく、多めに作って冷凍保存しておきたいですよね。しかし、豆腐は冷凍すると水分が抜けてしまい、ボソボソとした食感に変化します。

そのため、冷凍保存する際はすりつぶしてペースト状にするのがおすすめ。製氷皿や保存容器に1回量ごとに小分けすれば便利ですよ。保存期間の目安はおよそ1週間です。

解凍するときは、電子レンジや鍋などで少量の水やだし汁を加えて加熱しましょう。時間がかかる自然解凍は、雑菌が繁殖するおそれがあるため避けてください。

では、それぞれの離乳食期にぴったりのレシピをみていきましょう。(※3)

離乳食初期におすすめの豆腐レシピ4選

1. レンジで簡単。豆腐のペースト

調理時間はおよそ1分。電子レンジを使えば、あっという間に完成する豆腐のペーストです。お湯を沸かす必要がなく、片付けが楽なのもうれしいポイント♪ これなら、忙しいときでも比較的手作りしやすいですね。

2. ほんのり甘い。湯豆腐のにんじんあんかけ

豆腐に色鮮やかなにんじんを組み合わせるひと品。にんじんには、100gあたり2.1gの不溶性食物繊維が含まれており、便通を整える作用がありますよ。豆腐のつぶし加減は、お子さんの様子を見ながら調節してくださいね。(※4,5)

3. やさしい味わい。ブロッコリーと豆腐のだし煮

やさしい味わいのだし煮です。離乳食初期にブロッコリーを食べさせる際は、やわらかい花先のみを使いましょう。硬い茎は大人のごはんに使ってくださいね。水溶き片栗粉でとろみをつけると、食べやすく仕上がりますよ。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ