メリット

・便秘対策になる
カスピ海ヨーグルトには生きて大腸に届く乳酸菌が含まれているため、腸内を酸性に保って悪玉菌を減らしたり、腸の動きを活発にしたりすることで、便通を整える作用があります。

・血糖値を上げにくく太りにくい
前述したようにカスピ海ヨーグルトのクレモリスFC株が分泌する菌体外多糖(EPS)には、血糖値の上昇を抑える作用があります。糖質と一緒に摂ると血糖値の急上昇を抑えられ、太りにくい食べ方になりますよ。

・酸味が少なく食べやすい
カスピ海ヨーグルトは普通のヨーグルトよりも酸味が少なく、苦手な方でも食べやすいのが特徴です。また、料理に使ってもくせがないため、アレンジして続けやすいですよ。(※2,5,6,9,10)

デメリット

・食べすぎてしまう
カスピ海ヨーグルトは食べやすいため、気づいたら食べすぎてしまったということも。いくら体に良いといっても、食べる量が多ければ、カロリーの摂りすぎにつながり、ダイエットに活かせません。食べるときは、あらかじめ食べる量を決めてくださいね。

・雑菌が繁殖することがある(手作りの場合)

カスピ海ヨーグルトは、種菌や、種ヨーグルトから手作りすることができます。作る際に容器の消毒ができていなかったり、開封済みの牛乳を使ったりすると雑菌が入り込むおそれが。匂いや見た目、味に異変を感じたら食べないようにしましょう。(※10,11)

カスピ海ヨーグルトダイエットのやり方

一般的なやり方

カスピ海ヨーグルトダイエットの一般的なやり方は、3食のうち、どこか一食をカスピ海ヨーグルトで置き換えるというものです。

食事代わりにカスピ海ヨーグルトだけを摂るので、摂取カロリーを抑えることはできますが、空腹を感じたり、ほかの食事をバランス良く摂らないと栄養が不足したりする場合も考えられます。

管理栄養士がおすすめするやり方

おすすめのカスピ海ヨーグルトダイエットは、間食代わりや、夕食時に摂るやり方です。

間食を摂る習慣がある方は、まず間食をカスピ海ヨーグルトに置き換えてみてはいかがでしょうか。チョコレートやスナック菓子よりカロリーを抑えられるほか、ダイエット中不足しがちなカルシウムを摂ることができます。

また、間食の習慣がない場合は、夕食時がおすすめ。夕食にヨーグルトを摂ると、就寝中に善玉菌がはたらき、腸を活性化させて老廃物の排出を促します。

空腹時には胃の酸性度が強いため、食事中や食後のデザートとしての摂取がおすすめです。(※1,12,13,14)

カスピ海ヨーグルトにはちみつをかけるとダイエットに効果が期待できる!

カスピ海ヨーグルトに甘みが欲しいときは、はちみつをかけるのがおすすめです。はちみつに含まれるオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサになり、増殖を助けて活発化させる作用があります。

このように善玉菌そのものと善玉菌のエサになるものを一緒に摂ることをシンバイオティクスといい、より腸内環境を整えるはたらきが期待できる食べ方になりますよ。(※15,16)

カスピ海ヨーグルトダイエットをしていても太った?考えられる原因

食べすぎ

カスピ海ヨーグルトを食べる目安は、一日あたり200g程度。それ以上を毎日食べ続けている場合、食べすぎが考えられます。食べる際は、あらかじめ量を計って決めておくと食べすぎ対策になりますよ。(※13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ