3. 芽キャベツのトマト煮

芽キャベツとベーコンをトマト缶で煮込んで作る、洋風のひと品です。ビタミンCが多く含まれる芽キャベツですが、アクが強くて生のまま食べられないのがデメリット。

芽キャベツの栄養を効率よく摂るには、ビタミンCが溶け出すゆで汁もいただけるよう、煮物にするのがおすすめ。味がしっかりしているのでアクも気にならず、おいしいですよ。(※8)

4. いちごのミルクプリン

Photo by macaroni

いちごと牛乳を混ぜ合わせ、ゼラチンで冷やし固めて作る、やさしい甘さのデザートです。いちごにはビタミンCが、牛乳にはたんぱく質が豊富。いずれもコラーゲンの合成に必要な栄養素なので、きれいな肌作りに役立ちます。(※2)

5. キウイフルーツとブルーベリーのスムージー

Photo by macaroni

キウイフルーツやアボカドで緑色の層を、ブルーベリーやバナナで紫色の層を作る、おしゃれなスムージー。アボカドにはビタミンEが豊富なので、ビタミンCが含まれる果物と合わせることで相乗的な作用が期待できます。老化対策にぴったりのひと品です。(※7)

ビタミンCが豊富な食べ物をしっかり摂ろう!

肌の健康維持や貧血対策に役立つビタミンCは、野菜やいも類、果物に多く含まれています。とくにパプリカやブロッコリー、キウイフルーツなどに豊富です。

ビタミンCは水に溶けやすい性質があるため、調理方法には工夫が必要。生のまま食べるのが理想的ですが、むずかしい場合はスープや炊き込みごはんにして、ゆで汁ごといただきましょう。
【参考文献】
※1 八訂食品成分表2021|女子栄養大学
(2022/01/18参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ