ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

みかん農家に教わる!酸っぱいみかんを甘くする方法

冬場になると、12月頃から旬をむかえるみかんをスーパーでたくさん目にするようになります。こたつで暖をとりながらみかんを食べるひとときは、心もほっこりしますよね。しかし、楽しみにしていたのに「食べてみたら酸っぱかった」なんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、創業100年のみかん農家「ヤマチョー農園」の山下さんに、酸っぱいみかんを甘くする方法を教えてもらいました。あなたが実践している方法、じつは避けたほうが良い行為かもしれませんよ……!

Photo by 観音山フルーツガーデン

ヤマチョー農園 六代目/児玉芳典さん 「ヤマチョー農園(愛称:観音山フルーツガーデン)」を代々受け継ぐ家に生まれる。神戸大学の農学部を卒業後、7年間公務員として勤務。恩師の「お前たちが日本の農業のことを考えなくて、誰が考えるんじゃ!」の言葉を胸に平成18年に就農
「みかんは一般的に揉むと甘くなると言われていますが、じつは桃やバナナと同じようにデリケートなんです。強く押したりぶつかったりなどの衝撃で傷んでいくので、揉むのは避けてほしいですねおいしさが半減してしまうこともあるんですよ。酸っぱいみかんを甘くする方法として、一度試してみてほしい裏ワザをお教えします」

揉むのは避けて。おいしさを保ったまま酸味を減らすコツ

Photo by macaroni

「みかんはショックに弱いくだものなので、揉むのはおすすめしません。たしかに揉むと、実の中の酸味が糖分に変わるため、甘さを感じやすくなります。ですが、実の呼吸が早くなることで、同時に鮮度も失われてしまっています。これを業界では『煮えた味』『ボケた味』と呼んでいます」

40度ほどのお湯で10〜20分温め、半日〜1日置く

Photo by macaroni

「酸っぱいみかんを甘くしたい場合は、お湯を使ってみてください。40度くらいのお湯のなかで10〜20分置いて少し温めます。それを半日から1日置いておくと、傷まずに酸味が抜けて甘くなるといわれていますよ」

実際に試したら…酸味が弱くなって甘く感じた!

筆者もお湯に入れて甘くするという方法を、さっそく実践してみました。同じタイミングで購入したみかんを食べ比べてみましたが、たしかに少し変わったかも……。

みかんによって味に差があるので一概には言えませんが、やはりきつい酸味がなくなったように感じます。

おいしいみかんの選び方は?

この記事ではみかんを甘くする方法をご紹介しましたが、ほかの記事では、児玉さんに教わった “おいしいみかんの選び方” を掲載していますよ。大きくわけて6つのポイントがあるので、詳しく知りたい方は、下記のリンクを参照してください。
詳しくはこちら▼

今年の冬もみかんをおいしくいただこう♪

みかんを揉んだら甘くなる、たしかにこれは事実のようです。しかし、プロからいわせると同時に “鮮度” が落ちるため、おいしさも失われているということなのですね。

みかんを揉んだら甘くなる……と思っている人も多かったのではないでしょうか。すでに酸っぱいみかんを購入してしまったみなさんも、諦めるのはまだ早いですよ!ものは試しに、一度お湯にいれてみてはいかがでしょうか。

今年の冬も、暖をとりながらみかんをおいしくいただきましょう♪
取材協力
取材・文/井上はるな(macaroni 編集部)
12月の特集はこちら▼
おすすめの記事はこちら▼
Photos:3枚
児玉さんの顔写真
ザルの上のみかん
みかんをお湯に入れている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ