ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心に…もっとみる

1月の空模様は?

Photo by macaroni

2022年がはじまりました。今年最初の新月は1/3未明に山羊座で起こります。新月は植物の成長でいうと「種」に相当します。この日あなたの未来に向けた種蒔きをしたい日。新年の目標や誓いを、紙やノートに書き記すのに最良な日です。

新月が過ぎる頃、夕暮れの南西の空には幸運の木星が明るく輝きます。木星の光を浴び、2022年の幸運を願ってみましょう。後半は通信・コミュニケーションを司る水星が、水瓶座で逆行します。通信トラブルやミスコミュニケーションが起こりやすくなるので気をつけて。

各星座別メッセージには、今月注目したい料理を紹介しています。食べることは生きること。星のエネルギーに満ちた食材を使って楽しく創造的に食事をすると、幸運の兆しをキャッチできるようになるでしょう。

【牡羊座】プライベートな人脈を広げるのが吉

Photo by macaroni

新年がはじまります。今月は天頂に星が集中し、仕事や社会的な活動に焦点が当たります。あなたの味方もいれば、邪魔する人もいて、心がざわつきますが、仕事で優先することは何か。それを見極めてやるべきことをまっとうしましょう。

大きなものに立ち向かう勇気も試されます。転職や起業などを考えている人、新月1/3近辺に信頼できる人に相談を。力のある人物が味方になってくれるかも。

2022年は「人のために力を尽くす」、つまりボランティア精神も幸運の鍵に。1月下旬になったらご無沙汰している友人に連絡を。また仕事の絡まないプライベートな人脈を広げるのも、幸運を呼ぶアクションです。

1月のラッキーフード

今月は住んでいる土地につながる郷土料理の研究を。また大根やごぼうなどの根菜類を使った煮物が、困難に負けない強い心を育んでくれます。豚バラ大根は一押しメニューです。

レシピはこちら▼

1月のラッキーデー

1/9、1/10、1/28

【牡牛座】海外とネットワークを築くことを積極的に

Photo by macaroni

新しい年を迎えたせいか、いつになくポジティブな気分に。自由と革命の星・天王星が「いつもあなたが陥りやすい悪いパターンを改めて、もっと自由になろう」とメッセージを送っています。「あれこれ考えて結局何もしない」から、「とりあえず動いてみる」のが幸運の鍵に。

友だちからイベントなどに誘われたら、ふたつ返事でOKしてみて。また食関連の催しなども、早起きしてでも出かけると有意義な時間が過ごせます。

今月は海外とネットワークを築くことを積極的に。2022年は、まったく新しい職種に挑戦するのもあり。海外に住む友人が面白いニュースを運んでくるとの暗示も。月末はちょっと頭の痛い問題が浮上!? 責任をもって取り組むとよいことがあります。

1月のラッキーフード

今月はメインディッシュになるサラダを作りましょう。チキンやゆで卵、アボカドなどを入れた、カラフルなコブサラダがおすすめ。

レジピはこちら▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ