管理栄養士のコメント

おからパウダーには食物繊維が多く含まれています。なかでも多いのは不溶性の食物繊維。

不溶性の食物繊維は、水分を吸収することで便のかさが増えて、排便をスムーズにしたり、大腸で発酵・分解され、善玉菌が増えて腸内環境を整えたりする役割があります。また、よく噛んで食べるため、食べ過ぎ対策にもなりますよ。

日本人は食物繊維の摂取量が目標量を下回っているため、おからパウダーのような食物繊維の多い食品を意識して摂ってくださいね。(※3,4,5)

ヘルシーなジャーマンポテトのレシピ4選

1. たこのジャーマンポテト

ベーコンをたこに置き換え、カロリーダウンするひと品。粗みじん切りの大葉を入れ、しょうゆで味つけするため、和風な味わいです。たこのコリコリとした食感と、じゃがいものホクホクとした食感を楽しめますよ。(※6,7)

2. 電子レンジで作るジャーマンポテト

電子レンジで作るジャーマンポテトは、最小限の油で作るためカロリーを抑えることができます。このレシピでは、バターを5gだけしか使いません。時短で作れ、洗い物も少ないので、忙しい日におすすめです。

3. ジャーマンたけのこ

見た目は本物そっくりのジャーマンたけのこ。じゃがいもをたけのこに置き換えて、カロリーと糖質を減らします。おつまみや弁当のおかずにもぴったりです。マスタードの辛味と酸味がおいしさを引き立てますよ。(※2,8)

4. ジャーマンかぶ

じゃがいもをかぶに置き換えるジャーマンかぶは、通常よりもカロリーと糖質を抑えられます。かぶはじゃがいもよりも火の通りが早いため、さっと作れますよ。甘くてみずみずしいかぶとマスタードしょうゆの相性は抜群です。(※2,9)

糖質オフのジャーマンポテトを楽しもう!

Photo by 長曽我部真未

見た目はじゃがいもそっくりのおからポテトで作るジャーマンポテト。食感や味も似ているため、ジャーマンポテトをヘルシーに楽しめます。ダイエット中、糖質を気にする人も安心して食べられますよ。カロリー・糖質オフだけでなく、食物繊維をしっかり摂れるのも、魅力のひとつです。

おからポテトは作ってみると、意外と簡単なのでぜひ試してみてくださいね。
【参考文献】
(2022/01/23参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ