ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

不定期更新!一条もんこさんが推すレトルトカレー

Photo by macaroni

昨今進化し続けるレトルトカレー。今や自宅で専門店レベルの味を楽しめる商品や変わり種カレーもありますが、あまりにも種類が豊富でどれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

そんなときはプロに聞くべし!ということで、これまで4,000食以上のレトルトカレーを食してきた一条もんこさんに、今おすすめしたい商品をセレクトしてもらいました。本連載ではmacaroni のトレンドチームメンバー井上が教えてもらった商品を実食レポートしていきます♪

Photo by macaroni

スパイス料理研究家 / 一条もんこさん
4,000食のレトルトカレーを食した、正真正銘のレトルトカレーマニア。イベント、メディア多数出演。スパイスとカレーの料理教室「Spice Life」をはじめ、著書『おうちで楽しむスパイス料理とカレー』(池田書店出版)、講演会やイベントでも大活躍。自作レトルトカレー『あしたのカレー』は10万食の大ヒット!

帆立屋しんや ほたてスープカレー

Photo by macaroni

参考価格:648円(税込)/206kcal
今回のセレクトは、帆立屋しんや「ほたてスープカレー」。オホーツク産の大粒ほたて貝柱にペーストタイプの玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、特製スパイスが入っています。ほたての旨みと玉ねぎの甘さで、風味豊かな味わいのスープカレーですよ。

大粒のほたてを使用しているようですが、食べた人の感想を覗いてみると「パッケージ写真の様な大粒貝柱が入っているわけではない」のだそう。

期待外れ……なんて思ってしまう人もいるのでは?しかし、身が崩れているだけで、ほぐれた貝柱はたくさん入っているようです。スープの味を絶賛する声も多いので期待が高まります♪

レトルトカレーマニアのおすすめポイント!

もんこさん「大きなホタテが2個入っている贅沢なスープカレーです。ホタテから出る旨みたっぷりのエキスが溶け込んで、ごはんに染み込ませて食べるととにかく絶品!

具の大きさにも驚きですが、スープだけでも満足ができるほど、濃厚でしっかりした旨みが特徴的ですよ」

ほたての旨みを最大限に引き出したスープカレー

Photo by macaroni

ほたての旨みを引き出すために、じっくり煮込んだスープカレー。そのため、ほたての身は細かく崩れてしまっていますが、そのほかの野菜はごろっと入っていてインパクトがありますね。

封を開けた瞬間からすでに魚介の風味が広がり、思わず喉が鳴ってしまいました。

強烈なスープの旨み。ゴクゴク飲んでしまう…

Photo by macaroni

スープの量が多いので具材が少なく見えてしまいますが、スプーンですくってみると貝柱も野菜もたっぷり入っていました。

スープと合わせてさっそくひとくち。ほたての風味がすごい……!もちろんしっかり煮込まれた野菜や貝柱の食感もおいしいのですが、何よりもスープ自体の味が絶品です。もはや具材がなくても良いほどの満足感。

これはパンではなくて、もんこさんがおすすめするように、白米と合わせるのがおすすめです。ごはんにしっかり染み込ませて食べると、幸福感に満たされますよ。

食べるというより、もはや飲みたい

Photo by macaroni

ゴクゴクと飲んでしまいたくなるほど、トリコになってしまうスープカレーでした。食べる前は、筆者も「なんだ、大きいほたてが入っているわけではないのか」と少し残念に思いましたが、食べたあとはそんな気持ちなんて吹き飛びます。

カレーだけでも十分な満足感がありますが、きっと白米が欲しくなるのであらかじめ用意しておくのがおすすめ!一度食べたらきっとやみつきになりますよ。

商品情報

帆立屋しんや ほたてスープカレー
■内容量:250g
■カロリー:206kcal
■参考価格:648円(税込)
■販売場所:公式オンラインストア、Amazonほか
これまでの連載はこちら▼
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。

※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
Photos:6枚
カレーライスとレトルトカレーのパッケージと顔写真
青いエプロンをした女性
カレーのパッケージ
スープカレーとパッケージ
カレールーと具材
スープカレー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ