9. 形を整える

Photo by 長曽我部真未

全体を巻きすで包んで、全体を押さえつけて丸くなるように整えます。そのまま5分ほど置いてなじませたら完成です。

切る際は、包丁を濡らし、軽く水気をふき取ります。

このレシピのコツ

ヘルシー恵方巻をきれいに巻くポイントは、ぎゅっと力を入れながら巻くことです。カリフラワーライスを混ぜていると、通常よりも酢飯がまとまりづらいため、しっかりと巻きすで絞めて形を整えましょう。

管理栄養士のコメント

ヘルシーな恵方巻を作るには、具材選びが大切。寿司に使う定番具材100gあたりのカロリーは以下の通りです。

・まぐろ(脂身):322kcal
・アトランティックサーモン:223kcal
・ハマチ:180kcal
・まぐろ(赤身):88kcal
・えび:82kcal
・いか:76kcal


上記を参考にして低カロリーな具材を選び、自分好みのヘルシー恵方巻にしてくださいね。野菜だけの恵方巻にするとカロリーは抑えられますが、たんぱく質が不足しがちになります。野菜と魚介類を、上手に組み合わせましょう。

また、かんぴょうや高野豆腐など定番ですが、甘辛い下味をつけるために砂糖が必要になります。これらを使うと、糖質がアップするので気を付けてくださいね。(※3,4,7,8,9,10)

ヘルシーな恵方巻のレシピ3選

1. 大豆ミートの恵方巻

低カロリー、低脂質の大豆ミートを使用し、カロリーを抑える恵方巻。肉がメインの恵方巻を、ヘルシーにしたいときにおすすめです。大豆ミートは、みそやすりごま、にんにくなどで味付けします。大豆ミートに慣れていない人でも食べやすく、肉と変わらないおいしさですよ。(※11)

2. おからこんにゃく麺の恵方巻

米の代わりにおからとこんにゃくで作る麺を使い、カロリーと糖質を抑えます。具材は野菜を中心にして、さらにカロリーダウン。わさびマヨネーズのピリッと爽やかな辛みがあり、くせになるおいしさです。(※5,12)

3. 糖質オフのチーズ恵方巻

米をスライスチーズに置き換え、糖質オフする恵方巻です。具材はお好みの野菜で構いません。彩りのよいものを選ぶと、きれいに仕上がりますよ。酢飯を作る手間がないため、通常の恵方巻よりも時短で作れます。(※5,13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ