ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

ごはんがモリモリ進む。キムチは最強のお供

Photo by akiharahetta

ごはんのお供は数々あれど、キムチほど食が進むものはありませんよね。ピリ辛でにんにくの効いた真っ赤な白菜。思い浮かべるだけでお腹が鳴りそうです。

コストコには、みんながこぞって買うキムチがあります。ユーザーのカートイン率ピカイチ。最近見かけないと思ったら、売り場が移動していました。本記事では、その辺りの情報を含めつつ、詳しくご紹介いたします。

韓国食品メーカー大像の「宗家キムチ」

Photo by akiharahetta

698円(税込)
コストコで大人気のキムチがこちら!韓国食品メーカー大像の「宗家キムチ」です。宗家はチョンカと読みますよ。もちろん本場韓国産。1.2kg入りのビッグサイズで、価格は698円(税込)は衝撃の低価格です。

以前は、デリコーナー前のオープン型冷蔵陳列棚に、ほかの韓国食品とともに並んでいましたが、現在は扉つきの大型冷蔵ショーケースに移動しています。探す際はご注意くださいね。

あっさりしているのに旨みあり!誰もが好きな味

Photo by akiharahetta

肝心の味わいは、辛すぎず甘すぎず、なのにしっかり旨みがあり、とても食べやすいです。あっさりとしてクセのない味わいは、誰からも好かれそう♪

クオリティーの高さからして、この価格で販売されているのが不思議なくらい。まさにミラクル。どおりで人気があるわけです。おいしさをシェアしたくて知人に教えたところ「焼肉屋さんのキムチみたい」と好評でした。やはり万人受けする味わいのようですよ。

おいしさをキープする方法

Photo by akiharahetta

キムチは発酵食品。雑菌が混じってしまうと味を損ねてしまいます。取り分けるときは清潔な乾いた箸を使い、水分などが入り込まないようにしましょう。

ほかの食べ物を触った箸や、ごはんを食べている途中の箸を容器に入れるなんてのは、もってのほか。必ず専用の取り箸を用意してくださいね。

また、容器を移すのもあまりおすすめできません。できるだけ空気に触れない方がいいのです。買ってきたままの容器で保存するのが一番いいですよ。

おすすめの食べ方3選

発酵食品×発酵食品。キムチ納豆豆腐

Photo by akiharahetta

味わいを確認したところで、おすすめの食べ方を3つご紹介します。まずは簡単なおつまみアレンジから。「宗家キムチ」と納豆を豆腐にのせたひと皿です。

キムチと納豆、発酵食品同士の相性の良さは言わずもがな。1分クッキングなうえ、高たんぱく質、低糖質、菌活と、一石なん鳥にもなる優秀おつまみですよ。

ガッツリ系王道アレンジ。豚キムチ

Photo by akiharahetta

キムチの王道アレンジ豚キムチです。しょうゆ、みりん、酒を揉みこんだ豚肉を炒め、ニラを加えて皿に盛り、「宗家キムチ」をトッピング。

一緒に炒めてもいいですが、キムチの乳酸菌を生きたままいただくなら、あとのせをおすすめします。調味料をそろえるのが面倒なら、焼肉のたれでもOK!がっつり系のメインおかずですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ