ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコ最強肉「USプライムビーフ肩ロース」を徹底解剖

Photo by akikharahetta

コストコ倉庫店の広い肉売り場に、ずらりと並ぶ数々に商品のなかでも、とくによく知られているのが「USプライムビーフ肩ロース」です。別名コストコ最強肉とも呼ばれ、大きさ、味、コスパ、あらゆる面で優れています。

ステーキ、焼肉、かたまりと、カット方法の異なる3種類があり、本記事でご紹介するのは、かたまりです。ステーキにする方法、おいしい焼き方のコツ、味わいなどをコストコマニアである筆者が徹底レポートいたします。

価格やランクについて

Photo by akikharahetta

アメリカ産輸入牛肉にはランクがあります。プライムは最高ランクに位置づけされており、以降チョイス、セレクト、スタンダードと続きます。つまり、コストコの「USプライムビーフ肩ロース」は最高ランクの品質なんですね。

価格は、100gあたり289円(税込)です。ひとパック1,400g前後で販売されているので、4,000円(税込)程度。脂肪ののりはほどよく、赤身肉を楽しむのにもってこいです!

どう調理したらおいしい?

3枚にカットする

Photo by akikharahetta

本品の食べ方でもっともおいしいのがステーキではないでしょうか?かたまり肉なので、まずはカットするところから始めましょう。

といっても、方法はとても簡単。キッチンにある一番大きな包丁を使い、3枚に切るだけです。肉を立て、ゆっくり焦らずカットしましょう。売り場にステーキがない場合もこの方法を使えばOK。

1.5倍の大きさになるまで叩く

Photo by akikharahetta

本品はすでに筋切り処理を施してあり、食べやすくなっています。それでもやはり、そのまま焼くと、大きな筋の部分が縮んで不格好なステーキになったり、食感に影響したりも。一度自分で下処理した方がいいでしょう。

包丁の背やミートハンマーなどを使い、叩いてください。パスタサーバーで代用してもいいですよ。目安は肉が1.3~1.5倍の大きさになるくらい。レアでも楽しめる厚みにしましょう。

焼き方のコツ

常温に戻した肉を強火で焼く

Photo by akikharahetta

下処理を施したら、いよいよ焼いていきます。焼く前に塩コショウを振るのを忘れずに。塩の量は、肉に対して0.8%が適量です。カットすると1枚450gですので、小さじ2/3程度を目安にしてください。

フライパンの温度は高温。あらかじめよく温め、油をなじませてから強火で焼きましょう。ジュっという音とともに煙が立つとベストです。

ステーキの焼き方失敗例

Photo by akikharahetta

ステーキは強火で焼くのが鉄則!弱火で焼いてしまうと、赤い肉汁が出てきて、旨みも一緒に流れ出てしまいます。水分が出てきて蒸したようになってしまった……なんていう失敗の原因はだいたいコレ。くれぐれも弱火はNGです。

また、冷蔵庫から出してすぐに焼くのもおすすめできません。肉の温度が低すぎると中まで火が通りにくく、ムラのある仕上がりに。焼き加減があまりにむずかしいと感じているなら、ここに原因があるかも。30分ほど常温に置いてから調理しましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ