ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ピスタチオラバーが新作をチェック!

2021年10月26日(火)、セブン‐イレブンから新作スイーツ「ピスタチオプリン」が発売されました。

なめらかでクリーミーなピスタチオプリンに、軽い口どけのピスタチオホイップクリームがトッピングされた、ピスタチオ好きのためのプリンを、ピスタチオ好きの筆者がレビューします。

セブン‐イレブン「ピスタチオプリン」

Photo by muccinpurin

「ピスタチオプリン」226円(税込)
かつては高級ナッツとして高嶺の花的存在だったピスタチオですが、ピスタチオブームの到来でグッと身近な存在になりましたよね。ピスタチオラテ、ピスタチオクッキー、ピスタチオアイスクリームなど、macaroniでも 数々のピスタチオアイテムをご紹介してきました。

この度、セブン‐イレブンから発売された「ピスタチオプリン」は、なめらかに焼き上げたピスタチオプリンの上に、口どけ良好なピスタチオホイップクリームをたっぷりと絞った、とことんピスタチオ推しの極上プリン。筆者をはじめとする、ピスタチオラバーの心に刺さる逸品です。

Photo by muccinpurin

ピスタチオプリンの材料は牛乳、乳等を主要原料とする食品、卵、クリームなど。ピスタチオ風味は、ピスタチオソースを使ってつけているようですよ。

1個税込226円、1個あたりのカロリーは212kcalでした。カロリーもそう高くないので、食後のデザートにちょうどよさそうです。

口どけなめらか、ピスタチオの二重奏

Photo by muccinpurin

主役のピスタチオプリンは、卵の香りを残しつつわずかにピスタチオの風味もふわり。好みもありますが卵の風味がやや強く、ピスタチオ好きにはちょっぴり物足りないかもしれません。ピスタチオプリンを名乗るなら、もう少しナッツ感が欲しいところでした。

食感は喫茶店風のしっかり食感でも、一世を風靡したなめらかとろとろ系でもなく、両者の中間といったところでしょうか。とにかく軽く、口に含んだ次の瞬間には溶けてなくなっています。

全体的にあっさりした印象

Photo by muccinpurin

ピスタチオホイップクリームも、プリン同様やや風味が控えめですね。ピスタチオアイテムは濃厚でコクがあるスイーツが多いなか、あっさりとしているので食べやすいといえば食べやすいのかもしれません。

全体的に軽い口どけで、濃厚すぎずするん!と食べてしまえます。こんなにあっさりとしたピスタリオスイーツは初めてかもしれません。まさに、“ピスタチオプリンは飲みもの” 状態。サイズも大きすぎないので、食後のデザートや、夜ちょっと小腹がすいたときにちょうどいい軽さですよ。

ピスタチオ初心者さんにおすすめ

Photo by muccinpurin

なめらかなピスタチオプリンにピスタチオホイップをトッピングしたピスタチオプリンは、意外にもピスタチオ感控えめ。ど直球のピスタチオスイーツを求めている方にはやや物足りないかもしれませんが、ピスタチオ初心者さんにはちょうどいいあっさりと軽い味わいでした。

気になる方はぜひ、セブン‐イレブンでピスタチオプリンをチェックしてみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ピスタチオプリン
■価格:226円(税込)
■カロリー:1個あたり212kcal
■販売日:2021年10月26日(火)以降順次発売
■販売場所:北海道、東北、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:5枚
金のトレーにのせたピスタチオプリン
ピスタチオプリンの原材料
蓋を開けたピスタチオプリン
スプ―ですくったピスタチオプリン
スプーンですくったピスタチオプリン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ