ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

神奈川県・小田原市の「鈴廣かまぼこ」に4つの新店がオープン!

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

2021年9月27日(月)、名水の里「鈴廣 かまぼこの里」に、名水甘味とお茶を楽しむ「名水甘味 且座」や器と道具の「ギャラリー&ショップ 千惠」など、計4つのお店がオープン!

ニューオープンする2店舗とリニューアルオープンする2店舗

今回新たにオープンしたのは、お庭の眺めとともに名水甘味とお茶を楽しむ「名水甘味 且座」、器と道具の「ギャラリー&ショップ 千惠」。さらにリニュアルした、合掌造りのお部屋で料理を楽しむ「会席 大清水」、そば前文化を体感できる「そばと板わさ 美藏」の4店舗です。

すべてのお店で、箱根富士丹沢山系から流れる清らかな地下水「箱根百年水」を使用。名水によって引き出された、素材がもつおいしさを存分に味わえますよ♪

新店オープン「名水甘味 且座」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

「名水甘味且座」では、抹茶を石臼で挽き、ほうじ茶をその場で焙煎し、おくどさんの上で箱根百年水の湯を沸かせた、香り高いお茶を堪能できます。

また会席料理の板前たちが考えた、ふっくら丁寧に炊いた小豆のあんみつ、寒天とゼリーを塩梅と混ぜた「名水ゼリー」などの甘味、かまぼこ屋ならではの名物「かまぼこ稲荷」などの食事も楽しめますよ♪

どれも自然の材料だけを使い、ひとつひとつ手作り。さらに席からは日本庭園が見えます。春夏秋冬異なる景色を眺めながら、お茶や食事を楽しめるのも特徴。

地元の茶葉を一杯ずつ丁寧に

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

お茶は、地元・小田原の茶畑で緑茶や紅茶を生産する「如春園」の茶葉を使用。農薬を一切使わずに育てられたお茶の樹本来の香りを活かし、一杯ずつ竈で沸いた湯で丁寧に淹れてくれますよ。

名物「かまぼこ稲荷」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

かまぼこ屋ならではの「かまぼこ稲荷」。かまぼこのぷりっとした弾力を楽しめるよう 食感を残して刻み、酢飯にさっと混ぜて合わせます。さらに、特製の天然出汁を染み込ませた油揚げにたっぷりと詰めてできあがり。

新店オープン「ギャラリー&ショップ 千惠」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

「ギャラリー&ショップ千惠」は用の美がテーマ。自然の美しさがもっと身近になるアートや暮らしの道具、食品が販売されています。

鈴廣かまぼこのデザインを手掛ける型染作家の鈴木結美子氏や陶芸家、ガラス作家、木工作家、酒蔵、味噌蔵など、“自然とともに美をつくる” 方々と企画展示やワークショップ、作品の販売もおこなわれる予定ですよ。

季節ごとのワークショップ

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

地元のアートや食品の作り手の方々を中心に、食や文化をテーマにした展示やワークショップを開催!2021年秋は「志村屋米穀店」との雑穀ワークショップがおこなわれます。

ぷちぷちとした食感の黒米や、もちもちとした食感のもちあわなど、好みの雑穀ブレンドが作れますよ♪

オリジナル商品の販売

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

鈴廣のデザインを手掛ける型染作家・鈴木結美子氏が、異分野の作り手の方々と型染をテーマに作ったオリジナル商品も販売されます。花や縁起物の手づくり石鹸、大海原の生き物たちのてぬぐいなど、毎日の暮らしの中で使える道具や雑貨や食品などが登場。

リニューアルオープン「会席 大清水」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

築二百六十余年の合掌造りの料理屋「会席 大清水」。1日3組限定で、調理長の澤瀬文男氏が1組ずつテーラーメイドで考案した料理が堪能できます。全棟貸切で、囲炉裏で鮎を焼いたり、縁側で利き酒したり、茶の湯や聞香など、まるで別荘のような優雅な時間が過ごせますよ。

テーラーメイドのお品書き

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

1日最大3組10名で、お客さんひとりひとりの希望を聞いて、調理長がひとさらずつ、献立を組み立ててくれます。“箱根百年水” で炊く土鍋ごはんや朝水揚げされた地魚の囲炉裏焼き、風祭の裏山から届く原木しいたけや山菜など旬の食材を使用した料理も楽しめますよ♪

リニューアルオープン「そばと板わさ 美藏 」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

「そばと板わさ美藏 」は、総漆塗り土蔵で蕎麦と板わさを嗜む店。石臼挽きの蕎麦粉を箱根百年水を使用して丁寧に作られるお蕎麦が楽しめます。お蕎麦が出てくるまでは、超特選蒲鉾やかまぼこかき揚げ、自分で炙る焼き海苔で一酌するのがおすすめ!

店内は、秋田県旧平鹿郡から移築してきた国の登録文化財に指定されている総漆塗りの土蔵が特徴です。江戸末期から明治期の山林王であった菊池家の蔵として使われていたもので、雄大さと華麗さが共存していますよ。

板わさと蕎麦

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

蕎麦を食べる前は、定番の板わさや天ぷらはもちろん、みぞれ酒などさまざまな料理やお酒が堪能できます。焼き海苔は江戸流に自分で炙って、磯の香りを楽しめるのが特徴。

がぶりと豪快に「かまぼこかき揚げ」

Photo by 株式会社鈴廣蒲鉾本店

ぷりぷりの弾力が特徴のかまぼこと、「美藏」の裏山で育つ風祭原木椎茸、季節の野菜を和えて揚げた特製かき揚げです。厚みは5センチほどある、贅沢な逸品。

新しくなった「鈴廣かまぼこの里」で優雅な時間を

「鈴廣かまぼこの里」に新たにオープンした4つのお店。お土産にかまぼこを購入するだけではなく、4つの店舗で食事や甘味などが楽しめます。名水を使用した料理やお茶と一緒に、ゆったりとした時間を過ごせますよ♪

お近くにお住いの方はもちろん、旅行や仕事などでお近へ行かれる際はぜひ訪れてみてくださいね。

店舗概要

Photos:12枚
鈴廣かまぼこの新店の画像
木のプレートの上にゼリーときな子がのって置いてある
カップにお茶が入って置いてある
お皿の上にかまぼこのいなり寿司がのって置いてある
石やガラス細工などが置いてある
ざるに豆や米が入って置いてある
箱の中にカラフルな石鹸が入って置いてある
縁側に女性と男性が座って外を眺めている
料理人がお皿に料理をのせている
そばと板わさ 美藏の店内画像
枡の中に焼き海苔が入って置いてある
お皿の上にかき揚げがのって置いてある
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ