ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

お取り寄せではんなり旅気分。京都の最新スイーツ

Photo by macaroni

行楽の秋、本来ならば全国各地へ旅をしたいもの。とくに過ごしやすいこの季節は、京都で食べ歩きなんてできたら素敵ですよね。ただ、そうはいってもなかなか叶えることができないいまは、お取り寄せが強い味方!

本記事では京都の食文化事情に詳しい長友麻希子さんに、おすすめのお取り寄せスイーツを教えてもらいました。京都らしさとおいしさをかねそなえた、隠れた名品のラインアップです。

教えてくれた人

京都の食文化事情に詳しいライター/長友麻希子さん
フリーライターで同志社女子大学非常勤講師。京都の伝統食材や伝統産業などの現場を数多く取材。和菓子、日本酒などに詳しく、新聞や雑誌を中心に執筆。和菓子の素材等にも詳しい。過去にタピオカの研究をしており、一昨年のぐるなび年間大賞授賞式では、タピオカについて会場で講演。

「京都の目新しいスイーツということで、わたしのお気に入りの商品をセレクトしました。味だけではなく京都らしい繊細な美しさにも注目してほしいですね。“地元で愛される、知る人ぞ知る” をテーマに選んだので、京都通にも喜ばれるはず……」

柏家宏之菓舗「大文字もちょこ」

Photo by 長友麻希子

1枚 230円(税込) ※今シーズンからリニューアル、旧名「もなかサブレ」
※販売は11月から開始

「銀閣寺にほど近い和菓子の名店、柏家宏之菓舗が販売するお菓子。最中の皮を使った本格フランス菓子は、もともと洋菓子職人で、かつ和菓子職人の資格をもつ娘さんが丁寧に焼いています。気温が低くならないと作れない繊細なサブレなんですよ。

味は、抹茶、苺、アールグレイ、ほうじ茶、オレンジの5種類。最中の皮のサクッとした食感と、コーティングしたチョコのおいしさが際立ちます。見た目もかわいらしいので、おもたせにもおすすめ。毎年秋に食べるのを楽しみにしています。和紅茶との相性もぴったり!」

電話でお取り寄せ

電話番号:075-771-6529
定休日:日曜日、第一・第三月曜日
営業時間:9:00~18:00

大文字飴本舗「京飴 京友禅ミックス」

Photo by macaroni

価格:324円(税込)
「飴=京都とはすぐにイメージが結びつかないかもしれませんが、飴も和菓子の一ジャンルとして伝統があります。なかでもおすすめしたいのが、手作りにこだわる飴の老舗である大文字飴本舗。どの商品も飴のおいしさを改めて感じさせてくれるものばかりなんですよね。

とくに『京友禅ミックス』は京都らしさがあふれる逸品。見てください、とても美しくありませんか?」

Photo by macaroni

「見た目はまるで薄いステンドグラスのよう。薄いからか飴の繊細な甘さがダイレクトに伝わり、口当たりもなめらかです。味は、レモン、巨峰、ピーチ、メロン、いちご、シャンペンサイダーの6種類が入っていますよ。薄い飴ならではの食感だからこそ伝わる、飴の奥深いおいしさをみなさんにも味わってほしいですね」

九条ねぎやみぶ菜まで!京野菜飴も珍しいひと品

Photo by macaroni

324円(税込)
「冬は伝統的な京野菜を使った飴もおすすめです。飴の種類は九条ねぎやみぶ菜、聖護院大根など、ほかでは食べられないものばかり。野菜の汁をしぼり、飴に炊きこんで作られています。まさに京都らしいひと品ですね」
Photos:8枚
飴が散らばっている
笑顔の女性
黒い皿に並べた大文字もちょこ
京飴の京友禅ミックス
京友禅ミックスが並んでいるところ
九条ねぎの飴
嵯峨嘉のしそ餅
しそ餅の中身
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ