特におすすめの野菜はコレ!

どの野菜も育っていく過程が楽しく、収穫できた喜びはひとしお。なかでも、ペコロスや九条ねぎは手間がかからず失敗しにくいのでおすすめです。冬の季節は育てにくいイメージがありますが、頻繁に水やりする必要もなく、防寒対策さえしっかりしておけば虫や病気が付きにくいので、初心者が始めるなら秋から冬にかけてがいいですよ!

また白ナスとエンドウ豆の採れたてのおいしさも感動ものでした。皆さんにも、ぜひ一度チャレンジしてみてほしいです♪

失敗は成功のもと!自分の環境に適した植物や育て方を見つけよう

Photo by okamagami

今回、龍さんに「1年目にしては素晴らしい出来!」とお褒めのお言葉をいただきましたが、つるなしインゲンやトマトなど、失敗してしまった野菜もありました。2021年は例年よりも気候の変動が激しく、8月に台風や長雨など続いたこと、9月に急激に寒くなったこともあり、その時期に佳境を迎えていた植物はうまく育たなかったように感じます。

「風で葉っぱ同士がこすれ合って、その傷から病気が入ることがよくあります。なので雨除け、風除けの対策はとても大切ですよ」と龍さん。この失敗を糧に、また1年ベランダ菜園に励みたいと思います!

続く後編では、ハーブのビフォーアフターをお届けします。お楽しみに!

取材・文/鎌上織愛
監修
てしま農園 代表/龍 慶介さん 自衛隊のパイロット、大手広告出版会社と異色の経歴を経て、10年前に農業の世界へ。“植物のプロとお客様をつなぐ”をコンセプトに『てしまの苗屋』を立ち上げる。初心者にも植物を育てることの楽しさを伝えたいと、購入者への説明や相談にも積極的に対応。失敗しにくい苗の販売と育成に力を注ぐ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ