ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

28年ぶりに「アサヒ生ビール缶」が復活!

Photo by macaroni

これまでは飲食店で樽生のみ展開されていた「アサヒ生ビール」の缶(350ml・500ml)が、2021年9月14日(火)より全国で販売されはじめました。アサヒ生ビールが缶として発売されるのは、なんと28年ぶりなんですよ!

発売たった数日で一時販売休止!

……ところが!数日がたった現在、想定を上回る供給により一時販売休止。在庫が残っている店舗では、引き続き購入することができますが、全国的に品薄状態のようです。

筆者もさっそく近くの店舗へ向かい、無事入手!その味をレビューしていきたいと思います。

アサヒ生ビール缶 通称マルエフ

Photo by macaroni

「アサヒ生ビール」は1986年に発売された、コクとキレ、さらにまろやかなうまみが特徴のビールです。1993年に缶は終売となったものの、樽生のみ継続して販売されてきました。樽生のため、おもに飲食店でしか味わえなかったんですね。

ところが、お客様相談室やSNSなどで、再販を望む声が多かったことから今回復活が決定!中身は発売当時そのままに、パッケージを大きく変えて販売されていますよ。

“幸運の不死鳥” から由来するマルエフ

Photo by アサヒビール株式会社

商品を開発する際、「アサヒ生ビール」は社内での呼称である開発記号として “幸運の不死鳥(FORTUNE PHOENIX)” を由来とする「マルエフ(F)」と名付けられました。1986年の発売後も、飲食店を中心にそのまま愛称として定着。

Photo by macaroni

今回の缶発売にあたり、パッケージには「幸運の不死鳥」のアイコンとともに “通称 マルエフ” と “復活の生” という文字が記載されています。

気になる味は…?

Photo by macaroni

缶をプシュッと開けると、ビールの芳醇な香りがふわ〜っ。たまらず、ごくごくっと飲みすすめると、シュワッと軽やかな炭酸がのどを潤していく……。同時に麦芽のほんのり甘い風味が口の中に広がります。

のどごしを楽しんだあとは、しっかり味わうようにテイスティング。嫌味なく舌に馴染んでいくようなコクが感じられます。長年飲食店で愛されてきただけあって、どんな料理とも合いそうな親しみやすい味わいですね。

飲食店でしか楽しめなかった味をおうちで♪

Photo by アサヒビール株式会社

「アサヒ生ビール」の缶が復活!飲食店でしか楽しめなかったあの味が、おうちでも楽しめるのが嬉しいですよね。なかなか外へ飲みに行けない状況ですが、「アサヒ生ビール」でおうち飲みを満喫してみてはいかがでしょうか。

商品概要

■商品名:「アサヒ生ビール」
■発売品種:缶350ml、缶500ml
■アルコール分:4.5%
■純アルコール量:缶350ml/12.6g、缶500ml/18g
■価格:オープン価格
■発売日:2021年9月14日(火)
■発売地区:全国
Photos:6枚
アサヒ生ビールの缶
アサヒ生ビール缶の横から
瓶と缶に入ったアサヒビールが置いてある
マルエフのマーク
ビールの中身
「アサヒ生ビール」の缶が置いてある
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ