フルーツサンドイッチ

Photo by 片山智香子

1,944円(税込・テイクアウト)
「角食、プルマン、イギリスパンという食パン3種類のみで勝負している、パンマニアからも評判高い食パン専門店。姉妹店は、私も大好きなバゲットが人気の『VIRON(ヴィロン)』。

そういうわけで、ほかのお店のフルーツサンドとは、パンの質がまったく違います。パンのおいしさでいったら断トツ1位!

パンはふんわりもっちりしていて、生地の甘味が特徴的です。ひと口サイズにカットされていて、食べやすいのも嬉しいポイント。フルーツには、ほかではあまり見ないメロンも使用されています」
店舗情報

4. フルーツサンドブームを牽引「フツウニフルウツ」(下北沢)

Photo by macaroni

「大人気ベーカリー『パンとエスプレッソと』系列の、フルーツサンド専門店『フツウニフルウツ』。下北沢のほか、鎌倉や舞浜、大阪に店舗があります。

ちなみに、今話題の『ダカフェ』のような青果店によるフルーツサンドは第二次ブーム。『フツウニフルウツ』のようにおいしいパンを使ったおしゃれなフルーツサンドが、第一次ブームと言われています」

フツウニフルウツ

Photo by macaroni

500円(税込)
「メニューには単一のフルーツを使ったものが多く並ぶなかで、定番はいろんなフルーツが入っている『フツウニフルウツ』。

バナナ、オレンジ、キウイフルーツなどフレッシュなフルーツに甘すぎない生クリームを、『パンとエスプレッソと』のパンでサンドしています。

パンのおいしさもに定評あり!生地自体に甘味がありつつも、フルーツのフレッシュさを邪魔しないやさしい味わいなんです」
店舗情報

【老舗】東京のおすすめフルーツサンド3選

5. フルーツのフレッシュさが秀逸「千疋屋」(日本橋)

Photo by 片山智香子

「1834年に日本橋で創業したフルーツ専門店。自慢のフルーツを使ったフルーツサンドが大人気です。店舗によっては、イートインが可能。

日本橋髙島屋フルーツパーラー店でいただいた『フルーツサンドイッチ』には、4種類のカットフルーツ入っています。ハーフサイズ(4切れ)から購入可能ですよ」

フルーツサンドイッチ

Photo by 片山智香子

1,375円(税込・イートイン)
「『千疋屋』というだけあって、フルーツのフレッシュさが半端ないんです!いちご、キウイフルーツ、パパイヤ、パイナップルを塩味あるパンでサンド。

まずはフルーツのフレッシュさ、そのあとに生クリームのやさしい甘味が広がります。入っているフルーツが酸味のあるものばかりなので、さっぱりといただけます。

初めてであれば、ハーフサイズをオーダーするのがおすすめ。老舗の味を1,000円弱で楽しめますよ」
店舗情報

6. 毎日食べたいシンプルさ「メルヘン」(東京駅)

Photo by 片山智香子

「首都圏の主要駅構内に多く店を構える、サンドイッチ専門店『メルヘン』。1983年創業で、昭和な雰囲気漂うかわいいクマのマークが目印です。

フルーツだけでなく、たまごやカツなど幅広いサンドイッチをラインアップ。人気の2トップはシャインマスカットとマンゴーで、マンゴーは通年で購入できます」
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ