ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

ありそうでなかった新感覚のタッグ!

Photo by akiharahetta

高級スーパーとして知られる「紀ノ国屋」、そのなかでも比較的リーズナブルな価格で手に入るあるおやつに注目が集まっています。

「あんこおかき」というお菓子なのですが、このありそうでなかった組み合わせにSNSは騒然。探し求める人がじわじわと増えているようですよ。

紀ノ国屋の注目和菓子「あんこおかき」

Photo by akiharahetta

669円(税込)
「あんこおかき」は紀ノ国屋のオリジナル商品で、パッケージにはお馴染みの四角いロゴがキラリ。量販店のお菓子に比べるとお高めですが、ちょっとしたプチ贅沢にはもってこいです。

ちなみに筆者が購入した鎌倉店では、通常のお菓子売り場には並んでおらず、レジ前に陳列されていました。目立つ場所にあり、注目商品だとひとめでわかるようになっています。

Photo by akiharahetta

外パッケージを開けると、中には小袋が3つ入っています。3個セットならば、この価格も納得。それに小分けになっているのは便利ですね。

湿気を防いでおいしさをキープしてくれますし、食べすぎ防止にもなります。おいしいものは食べすぎちゃうので、あらかじめ分けてもらえると助かりますよね。

Photo by akiharahetta

小袋ははさみで開けることにしましょう。チョキチョキチョキ……。お皿のような透明容器を引っ張り出すと、4個の「あんこおかき」がお目見えしました。おお~!パッケージから透けて見えていましたが、いざ中身を見るとテンションがあがります。

Photo by akiharahetta

小皿に移してみました。見た目は「あんこおかき」の名前そのもの。半筒型をしたおかきに、こしあんがのっています。絞り出したというよりは、挟まっているという感じ。

かわいらしいけれど「これは、おいしいのかな?」ふと、疑問が頭をよぎります。わざわざあんことおかきを合わせなくてもいいと思うんですよね。なぜこんな冒険をするんだろう紀ノ国屋さん。正直、ちょっと不安……。

材料には、昆布やかつおぶしも?

Photo by akiharahetta

原材料を確認してみると、おかきの素となるもち米のほかに、こめ油やパーム油などの油脂分が含まれています。プラス、白しょうゆ、食塩、みりん、昆布、かつおぶしの調味料も。ええ~!いったいどんな味なのか想像できません。

塩大福など、甘いあんこに塩っぱさを足すお菓子は今までも存在していましたが、昆布とかつおぶしは、だしですよ。初めて見かける組み合わせに戸惑うばかり。人気お菓子なので、おいしいのは間違いないでしょうけど、具体的に味を想像するのはむずかしい~。

あることに気がついた……!

Photo by akiharahetta

試しにナイフを使って半分にカットしてみました。ナイフに伝わるサクッとした手応えで、あることに気づいた筆者。「このおかき、油で揚げてある!」そう、揚げ菓子だったんです。だから原材料に油脂分が含まれていたんですね。お煎餅のような硬いおかきをイメージしていたので、これは意外。もう食べて味を確かめてみるしかありません。

いざ実食!意外なマッチング具合

Photo by akiharahetta

どうでしょう、チョコレートがのったパイかなにかに見えなくもありません。でもこれは、あんことおかき。甘い×塩っぱい和のコラボレーションお菓子です。

ブツブツ言いながら、ひと口サイズのおかきをつまんでポイっと口に運びます。サクッと噛むと、軽い食感のおかきから、かすかにふんわりおだしの香りが広がりました。次にこしあんの甘さが追いかけてきて、口の中で混ざり合います。

あら?おいしい!もっとバラバラな味になるかと思ったら、まったく逆。揚げたおかきの香ばしさと、あっさり上品な甘さのこしあんがよく合っています。おかきの塩気はほどよく、おだしの風味もいい感じで、違和感ゼロ。というより、むしろベストマッチ♪

Photo by akiharahetta

食べる前は「1個でいいかな?」と思っていましたが、いざ口にすると意外なほどのおいしさに、つい2、3個と手が伸び、気づいたら袋は空っぽ。すっかり魅了されてしまいました。

甘いものだけ、塩っぱいものだけ、を単品で食べたときより満足感があるから不思議。塩をプラスした塩○○系のお菓子とはまた違う、あんことおかきの絶妙な組み合わせでした。意外性ばかり先行していましたが、食べてみれば、そのおいしさが人気の理由だということがわかります。

お茶にもコーヒーにも合う

Photo by akiharahetta

合わせる飲み物は、お茶が一番おすすめ!和菓子には和の飲み物がしっくりきますよね。ただし、コーヒーとの相性も捨てがたいものがあります。ハンドドリップで淹れた薄めのコーヒーによく合うんです。紅茶でもいいと思いますよ。

あんこおかきはオンラインで購入可能

あまり店舗数の多くない紀ノ国屋。最寄店舗がない人もいらっしゃるかと思います。でもご安心ください。紀ノ国屋には公式オンラインショップがあり、全国どこからでも買い物可能です。下記のリンクからチェックしてくださいね。

10,000円以上のお買い物で送料無料になりますので、ほかの気になる商品と一緒にまとめて購入してみてはいかがでしょうか。「あんこおかき」以外にもSNSで話題になっている商品がありますよ。
そのほかの注目商品はこちら▼

実は紀ノ国屋以外でも売っている?

Photo by akiharahetta

実は「あんこおかき」というお菓子、検索してみると紀ノ国屋以外でも販売していることが判明。結構メジャーな存在なのかしら。ほかは食べたことがないのでわかりませんが、紀ノ国屋のものは、材料もよく味は絶品でした。さすがといったところです。

休日のおうちカフェはもちろん、リモートワークの息抜きにもおすすめ。ちょっとした手土産にも向いていますが、最近は人と会う機会が減ったでしょうから、ネットショップを活用して贈ってみてはいかがでしょうか。

商品情報

■商品名:あんこおかき
■価格:669円(税込)
■内容量:4個×3袋
■カロリー:366kcal/12個あたり
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:11枚
紀ノ国屋スーパーの看板
茶色のオーバル皿にのった紀ノ国屋の「あんこおかき」とテーブルコーディネート
紀ノ国屋の「あんこおかき」3袋とテーブルコーディネート
小皿に出した紀ノ国屋の「あんこおかき」とキッチンバサミ
ベージュ色の皿にのった4粒の紀ノ国屋「あんこおかき」
紀ノ国屋の「あんこおかき」原材料表示
紀ノ国屋の「あんこおかき」を半分に割った様子
紀ノ国屋の「あんこおかき」を手で持っている様子
紀ノ国屋の「あんこおかき」が小皿にのっており、うち3個が裏返しになっている様子
マグカップに入ったコーヒー、南部鉄器あられ急須、「あんこおかき」のテーブルコーディネート
紀ノ国屋の「あんこおかき」やカップなどが並んだのテーブルコーディネート
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ