ライター : macaroni 編集部 高崎

ヘルス&ビューティー担当ディレクター

関西出身、寿司屋の娘。管理栄養士の資格を持つ。健康的な食生活を心がけているものの、仕事終わりのビールはやめられない。好きなものは、おいしいパンと素敵なうつわ。

暑い夏こそ!冷蔵庫をスッキリ片付けよう

こんにちは。macaroni編集部の高崎です。突然ですが、みなさんのおうちの冷蔵庫は、どのくらいスッキリと収納できていますか?

というのも、夏場は室温が上昇することにより、冷蔵庫の消費電力が上がるそう。扉の開閉時間や回数を減らしたり、ものを詰め込み過ぎないようにしたりすることが節電にも繋がります。そのためにはスッキリと片付いた冷蔵庫にしておきたいですよね。

そこで、整理収納アドバイザーとして活躍する、マカロニメイトのおおつかなおみさんに、100均グッズを使う冷蔵庫の整理術を教わりました。

我が家の冷蔵庫を使って実践し、ビフォー/アフターをお届けします!
おおつかなおみさんの詳細はこちら▼

片付けを始める前に。まずは問題点をチェック

Photo by macaroni

こちら、我が家のリアルな冷蔵庫内です。ふたり暮らしで415Lの冷蔵庫を使用しています。

こうして見ると無駄なスペースが多く、なぜか化粧水コーナーに置かれた日本酒も気になりますよね。片付けを始める前に、おおつかさんに問題点をピックアップしてもらいました。

食材のカテゴリー分類ができていない

「パッと見た感じ、食材のカテゴリー分類が上手くできていない印象を受けました。調味料が点在していたり、カテゴリーの異なる食材が同じ場所にまとめられていたりと、賞味期限の確認がしづらいのではないでしょうか。

片付けを始める前に冷蔵庫内の食材をきちんと把握し、分類することが大切です。分類方法には食べる頻度で分けたり同時調理するもので分たりする方法があります。まずは、自分や家族にあった食材の分類方法を見つけましょう!」

パッケージが目立ち、ごちゃついた印象に

「食品のパッケージが集結していますね。冷蔵庫を開けたときにパッケージの色味や文字数が多いと、情報量が多く判断力が落ちてしまい、冷蔵庫を開ける時間が長くなってしまいます。また、ボリュームが出てしまいごちゃついた印象にもなってしまいます」

Step1. トレーを使ってカテゴリーごとに収納

Photo by macaroni

「前述したように、まずは自分に一番合う方法で食材を分類しましょう。分類ができたら、ベーシックなトレーを使って収納します。トレーはさまざまな種類がありますが、おすすめは丸みのあるものより、四角い角のあるタイプ。スペースの無駄がなくなり、収納のしやすさもアップしますよ。

また、食材のパッケージがすべて隠れる、高さのあるものに収納した方がスッキリとは見えますが、管理がしづらいというデメリットがあります。トレーは食材のパッケージが見えるくらいの高さで、透明か半透明のタイプがおすすめ」

私が購入したのはキャン・ドゥの冷蔵庫スリムストッカー(税込110円)。半透明のもので統一しました。

Photo by macaroni

分類分けした食材を、トレーに収納した様子がこちら。

我が家は週末にまとめて買い物をするのですが、毎週必ず買う納豆、豆腐、ヨーグルトなどを“よく食べるチーム”にし、点在していた調味料や梅干しなどを“あまり食べないチーム”として分類しました。

Photo by macaroni

あまり使わない調味料類はまとめて冷蔵庫の一番上に。トレーを使うと奥にしまったものも取り出しやすく、和風・洋風・中華と分けて収納すれば、調理中でもひと目で欲しい調味料がわかるのも嬉しいですね。

Photo by macaroni

よく食べるチームもトレーに収納することで、残りいくつだ……?と冷蔵庫をガサゴソする手間が省け、賞味期限の確認もしやすくなりました。

「冷蔵庫収納の基本は奥並べです。同じ種類の食材は奥から並べていくことで、在庫管理がしやすく、取り出すのもラクになりますよ」

Step2. 色付きパッケージを減らす!ストッカーや調味料ボトルを活用

Photo by macaroni

「使う頻度の高い調味料は、ストッカーに詰め替えたほうが調理の効率がアップするケーがあります。おすすめは味噌、卵、チーズなど。特にパッケージが目立つものは詰め替えることで冷蔵庫内がスッキリとした印象になりますよ」

私が購入したのは、キャン・ドゥのなるほどパック だし・鰹パック(税込110円)。教わった通り、使用頻度の高い卵と味噌を収納しました。

Photo by macaroni

詰め替えたものがこちら。我が家の冷蔵庫付属の卵ポケットは、絶妙に取り出しづらい位置にあって若干ストレスを感じていたのですが、これだと自分の取りやすい位置に置けます。さらに卵ポケット部分のスペースも空いて、有効活用できます。

詰め替えるひと手間はありますが、実際に調理をしてみると我が家では格段に効率がアップしました。もっと早くやっておけばよかった!

Photo by macaroni

ほかにも、冷蔵庫内で大きなスペースを取っていた瓶ものや、細々とした乾物や調味料を、おそろいの容器に詰め替えてみました。こちらもキャン・ドゥの商品でガラス調味料入れ65ML(税込110円)です。

「使用頻度の高い食材だけ詰め替えて、あまり出番のないものはそのままでもOKです。すべてに手をかけることはむずかしいと思うので、無理のない範囲でパッケージ減らしてみましょう」
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ