作り方

1 .パスタは調理する2時間前から水に浸しておく

Photo by 齋藤 萌

パスタは乾麺からゆでず、まずお皿に移して浸かるくらいの水(分量外)を注ぎ、2時間ほど放置しておきます。

「こうすることで、十分に水分を吸収し、ゆでる時間を大幅に短縮することができるんです。目安は色が抜け、触るとぶよっと柔らかくなるくらい。エネルギーを最小限に抑えられ環境にやさしいですし、ガス代の節約にもなりますよ」

2. 玉ねぎを切る

Photo by 齋藤 萌

1/4個に切った玉ねぎの皮を取り、包丁を使ってザクザクと粗めにみじん切りします。

3. かぼちゃのワタと種を取る

Photo by 齋藤 萌

かぼちゃからワタと種をスプーンで取りのぞき、ワタについている種は指を使って丁寧に取り分けます。

「いつもはこのかぼちゃの種を綺麗に水洗いしたあと、しっかりと水気を切り、そのままオーブンでローストしてます。サラダに入れたり、そのままボリボリ食べたりしてもとてもおいしいですよ」

4. ワタを粗めに刻む

Photo by 齋藤 萌

取り除いたワタは包丁で粗めに刻みます。

5. 鍋で玉ねぎとワタを煮込む

Photo by 齋藤 萌

鍋にオリーブオイルを入れて、粗く刻んだ玉ねぎを炒めます。2〜3分して玉ねぎがしんなりしてきたら水100ccとかぼちゃのワタを入れます。そのまま中火で5〜6分煮込んだら、粗熱をとります。

6. さやいんげんを切る

Photo by 齋藤 萌

さやいんげんは、食べやすい大きさのななめ切りにします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ