3. 卵不使用の豆乳マヨネーズ

Photo by china0515

マヨネーズも手作り!卵不使用で豆乳をベースに作られた豆乳マヨネーズソースです。パティや野菜などにもなじむさっぱりとした味わいが特徴的。それぞれの具材をひとつにまとめる大切な役割をはたします。

4. 度重なる試作の結果、ケチャップは「ハインツ」

Photo by china0515

最初はケチャップも手作りにしようと、何度か試作をおこなったそう。ただ「ケチャップだけはハインツ社製がおいしすぎて降参しました(笑)一番パティとの相性も良く、味がバシッと決まるんですよね。これじゃないとTHE アメリカという味にならないんですよ。」とオーナーの佐藤さん。

たしかにどうしても手作りだとやさしい味になってしまいがち、ジャンクフードならではの複雑さや濃さが出ませんよね。とはいっても、ハインツのケチャップも余計な添加物は使われていないのがうれしいところ。

5. 国産きゅうりで作られたオリジナルピクルス

Photo by china0515

ハンバーガーの名脇役であるピクルスも自家製。通常ピクルスには「ガーキン」と呼ばれる種類のきゅうりが使用されるのですが、日本では手に入りにくく、採れる季節も決まっているため、毎日手作りするには不向きです。そのため、同店では日本の一般的なきゅうりで作られているとのこと。フレッシュな食感や味わいを楽しめますよ。

いざ実食!「レタス&トマト バーガー(+チーズ追加)」を注文

Photo by china0515

540円(税込)+60円(チーズ追加)
それではお待ちかね、いよいよハンバーガーを食べていきたいと思います。たっぷり具が挟まれていて、かなりインパクトがありますね。見た目のジャンク感は満点!

ひと口頬張ると、バンズの食感と風味に驚愕。表面はカリッと香ばしく焼き上げられており、ふんわり、もっちり感を同時に楽しめます。パティの肉肉しさも素晴らしく、ジューシーなのに脂っぽさはなく旨みが凝縮されていますね。ピクルスのやさしい酸味が全体を引き締めます。

Photo by china0515

最初のイメージとは裏腹に、実際に味わってみると「本場のハンバーガーを食べている」という強い感覚を覚えます。パティとバンズのバランスはもちろん、ハインツ社製ケチャップのキリっとした風味が本当にいい仕事をしていますね。豆乳マヨネーズのさり気ないコクもたまりません。

自家製ドレッシングつき。女性に人気のサラダセット

Photo by china0515

サラダセット:+440円(税込)/アイスクリームシェイク:+150円(税込)
セットメニューで一番人気なのが、ドリンクとサラダがつく「サラダセット」。ハンバーガーも食べたいけど、野菜もしっかりとりたいという方におすすめです。もちろんドレッシングも手作りなので安心。

デザート感覚の「アイスクリームシェイク」

Photo by china0515

390円(税込)
セットなら+150円でつけられる、自家製の「アイスクリームシェイク」もおすすめ。シェイクとハンバーガーを合わせると、なんだかよりアメリカ気分になってきますよ。ほどよい甘さなので、デザートの代わりとしてもぴったり。
Photos:14枚
赤いプレートにのったハンバーガー
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)の外観
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のパテ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のバーガーのパテをつぶしているところ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のバンズの食パン
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のおすそわけ食パン
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のパンにマヨネーズをかけているところ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のバーガーにケチャップをのせているところ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のバーガーにピクルスをのせたところ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のバーガーアップ
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のレタス&トマト バーガーにチーズ追加したバーガーの断面
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のサラダセット
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のアイスクリームシェイク
JB’s TOKYO(ジェイビーズ トウキョウ)のスタッフのお2人
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ