温めるメリットがすごかった!「ホットりんご」の効果とレシピまとめ

りんごは健康によい果物として知られていますが、とくに温めた「ホットりんご」は、栄養価がより高くなるのです。「りんごは医者いらず」といったことわざがあるように、優れた果物であるりんごを温めたホットりんご。その効果を確認してみましょう。

2019年3月15日 更新

嬉しい効果がいっぱい!ホットりんご

「1日1個のりんごは医者いらず」ということわざがあるように、りんごにはとにかくたくさんの栄養素が含まれています。

また、生で食べるよりも温めることでさらに栄養価がアップすることが分かっているんですよ。今回はりんごの注目の栄養成分から、温めて食べるホットりんごのレシピまでご紹介します。

りんごの注目すべき栄養効果

整腸作用

りんごに含まれる水溶性食物繊維の一種ペクチンには、腸内の善玉菌を増やすことによる整腸作用があり、便秘対策におすすめです。また、血液中のコレステロール増加を抑制する効果も期待されています。(※1)

ダイエット効果

りんごに含まれるポリフェノールには、摂取した脂質が消化管において吸収されにくくする作用が認められています。また、肝臓に働きかけて脂肪の分解を促進する作用もあるので、ダイエット中の方にぴったりですよ。(※2)
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS